青雲祭

9月11日(日)、第四十二回青雲祭が開催されました。

当日は厳戒態勢の中での青雲祭でしたが、たくさんの方々にお越しいただきましてご好評をあずかりました。当日お越しくださった皆様へ、この場をお借りして御礼申し上げます。

今年の青雲祭のテーマは「Heart~つなげよう四十二年目のココロ~」ということで、各団体が「Heart」にちなんだ催しを披露しました。

今年の青雲祭で特筆すべきことは、開会式で伝統的な鳴鼓太鼓と書道部のコラボパフォーマンスを披露したこと、十の団体が劇に挑戦したこと、数年ぶりにパラパラアニメを実施したこと、ビブリオバトルが開催されたことなどが挙げられます。

たった一日というのが惜しまれるほど、生徒一人一人が主役となって青雲祭に関われたのではないかと思います。

以下、当日の写真をご紹介いたします。

【開会式】

書道部が今年の青雲祭のテーマを揮毫するところから青雲祭が始まりました。

 

その後書道部と鳴鼓とのコラボパフォーマンス。「鬼」という演目を披露しました。

 

吹奏楽部の演奏。体育大会で血を熱くさせた音楽も演奏しました。

 

中学一年生の合唱コンクールの様子。写真は今年優勝した1M4の「手紙~拝啓十五の君へ~」です。

 

龍踊の様子。何度も何度も「もってこーい」の声が聞こえました。

 

2H4のクラス企画です。卓球マシーンを手作りしたそうです。オリンピック選手のラケット部分からピンポン球が発射されるのを打ち返すゲームでした。

 

中学1年生の展示です。丁寧に立体が作られておりました。

 

ソーラン節の様子です。キレのある動きと爽やかな笑顔とで観客を魅了しました。

 

将棋の対局です。保護者の方々もたくさん参加されている姿が印象的でした。

 

ディベート部の公開ディベートの様子。「もし友達にするならアンパンマンか、ドラえもんか」という議題でした。議論が白熱すればするほど「友情とは・・」とつい考えてしまうディベートでした。

 

鳴鼓太鼓の演奏です。開会式よりも間近で見られるぶん迫力のある演奏でした。

 

クラス企画の宣伝ポスターが旧下足室に展示されておりました。なかなか凝っております。

 

2H5の喫茶店です。お菓子だけでなくお素麺も提供しておりました。

 

おいしそうに頬張っておりました。

 

3M1の劇の様子。演技だけでなくダンスにも挑戦しておりました。

 

図書部の様子。古本市を開いておりました。

 

百人一首部の様子。実際にかるたに挑戦しております。

 

 

【閉会式】

合唱コンクールの表彰式です。1M4が優勝しました。

 

演劇部門の表彰式です。十もの団体のなかから1H5が栄冠を勝ち取りました。

 

企画部門の表彰です。3M3が制作したプラネタリウムが表彰されました。

 

校長先生のお話しの様子。

 

生徒会長の渡辺君のあいさつの様子。