名士講演会

11月24日(金)に、長崎大学学長の片峰茂先生による名士講演会が開かれました。

「大変容の時代を生きる君たちへ」という演目で、これから必要になる力や考えについて、

わかりやすいスライドとともに、お話しいただきました。

 

大変容の時代のキーワードとして、「グローバル化」「地方創生」「人口減少と老齢化」「異次元の科学技術」を挙げられ、多様性の大切さや、現代が抱える問題などに、世界、国内、地方、個人と、様々な規模や視点から注目していきました。

 

普段生徒たちは、どうしてもごく身近な事柄にばかり関心を寄せがちなので、このように広い視野を持ち、自分や世界の今後について深く考える機会をいただけたことは、得難い経験となりました。

 

早いうちから、世界にアンテナを張り、日本だけでなく、世界の未来を担う存在へと

成長してほしい、大変容の時代をたくましく生き抜く力を身に着けてほしいと願った2時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代表生徒によるお礼の挨拶