青雲高校 第41回卒業式

2月22日(木)、まだ寒さを残しながらも、春の訪れを予感させるような穏やかな青空の下、

青雲高校第41回目の卒業式が行われました。

 

 

卒業生の入場です。体育大会の行進を彷彿とさせる立派な入場です。

 

 

担任の先生から1人ずつ呼名され、返事をして立ち上がります。

 

学年主任の小袋先生です。

 

卒業生を代表し、川口大智くんが卒業証書を受け取りました。

 

校長先生は、変化の激しいこれからの時代を、受け身ではなく、

積極的に考え、動いて、希望を持って生きてほしいと述べられました。

 

 

 

理事長は、個性という人間の強みを生かして、世界へ羽ばたいていってほしいと述べられました。

 

育成会会長の藤様からお祝辞をいただきました。

 

 

在校生代表で、高校2年生の品川くんが送辞を送りました。

様々な情報が溢れる現代こそ、自分の信念を持って生きていくことが

大切だと、先輩たちを激励しました。

卒業生総代の渡辺くんです。

 

青雲で多様な仲間たちとすごす中で得られた経験を、よりよい社会のために役立てたいと話しました。

 

 

 

 

保護者を代表して、野濱様からご挨拶をいただきました。

 

学園生活最後となる、校歌斉唱です。

 

卒業生たちはみな、胸を張って会場を後にしました。

 

卒業式の後は、各クラスで最後のホームルームが行われました。

 

一人ずつ前に立ち、最後の挨拶をしました。

 

なごやかな雰囲気の中、クラスメイトの話に涙し、笑顔がこぼれます。

 

「お母さん、6年間、青雲に通わせてくれてありがとう!」

 

生徒たちは、保護者の方への感謝の気持ちを真っ直ぐに伝えていました。

 

 

ずっとお世話になってきた先生に、素直に感謝の気持ちが伝えられる日でもあります。

 

 

 

クラスで、あらためて一人ずつ卒業証書が授与されました。

 

 

 

 

保護者の方へお礼のメッセージを、ビデオレターにして伝えたクラスもありました。

 

 

 

 

 

41回生の卒業にあたり、これまでお世話になったたくさんの方々に、

心よりお礼申し上げます。

 

まだ受験を控えている生徒がほとんどで、すぐには緊張は解けませんが、

仲間や先生、お父さん・お母さん方と心を1つにした今日という日は、

きっと生徒たちの背中を押してくれることでしょう。