第34回 青雲祭2

9月9日(日)に行われた青雲祭の様子を引き続きお伝えします。

 

書道部による書道パフォーマンスです。

 

詩吟に合わせて書いています。

 

このような大きな作品を完成させました。会場からは大きな拍手が!!

 

 

 

書道部の作品

 

写真部の作品

 

 

 

ディベート部は、ディベートの楽しさを模擬試合を通して伝えています。

 

高校ディベート部は例年よりも大きな会場(階段教室)で行いました。

 

今年は、なんと先生方とディベートです。

 

素晴らしい議論が繰り広げられていました。

 

 

 

初めて出会った人とも、囲碁・将棋を通じて仲間になれました。

 

 

 

 

みんなで百人一首!

 

「Quiz Station 2018」は真剣勝負!

 

 

ビブリオバトルです。大勢の方の前で、堂々と発表していました。

 

 

 

ウクレレとギター弾き語りの歌声は美しかったです。

写真は、「昭和歌謡のウクレレリサイタル」の様子です。

 

 

サイエンス部では、口の中の細胞を見る体験コーナーがありました。

「この細胞のおかげで君は生きているんだよ!」という一言に思わず目がまん丸に!

「君にはまだ難しいかなぁ?もう少し分かりやすく説明してみるね!」

と中学2年生がとても優しく、丁寧に説明していました。微笑ましい光景でした。

 

 

 

首都圏研修・シドニー語学研修・イートン語学研修の展示もありました。

 

語学研修で学んだことの中に「英語は勇気!」との一言も。

 

 

 

アイディアや工夫がいっぱい詰まった各クラス企画。

クラス・学年を越えて魅了され、笑顔が溢れていました。

 

 

 

いちごの家の皆様、毎年ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

青雲祭実行員です。青雲祭を成功させようと、積極的に動いてくれました。

 

 

 

閉会式では、校長先生に講評をいただきました。

 

実行委員長からの挨拶です。

 

 

生徒たちは課外活動を通じ、仲間の大切さやクラス・団体が一丸となって

一つのことへ向かうことの素晴らしさを感じられたようです。

たとえ上手くいなくても、そこから得られる達成感や成就感を大切にして、

次の成長へと繋げて欲しいと願っています。

 

当日は雨の中、青雲祭へお越しいただき、ありがとうございました。