第34回 青雲祭1

 

9月9日(日)に第34回青雲祭が行われました。

 

今年のテーマは「未踏」です。

今までになかった企画を展示・発表し、

新たな一歩を踏み出して、より良い青雲祭にしようという思いを込めて

青雲祭実行委員が考えました。

 

テーマにあるように、今年は新規企画や復活企画もあり、とても盛り上がりました。

また、龍踊りや鳴鼓太鼓といった毎年受け継がれている企画はもちろん、

育成会バザーや、いちごの家からのご出店も大盛況でした。

 

保護者の皆様や地域の方々のご支援があっての青雲祭だと改めて感じました。

ご協力ありがとうございました。

 

 

書道パフォーマンスが開会式のスタートをきりました!

 

 

今年初企画である青雲祭実行委員による映像企画です。

 

 

迫力満点の鳴鼓太鼓。

圧巻のパフォーマンスに会場の皆が息をのみます。

バックにあるのは、生徒全員で作り上げたモザイクアートです。

 

 

リズミカルな吹奏楽部の演奏と共に会場が一つになりました。

 

 

 

 

中学1年生による合唱コンクール。

1年生らしい、はつらつとした歌声がすてきでした。

緊張したかもしれないけれど、47回生よく頑張りました!

 

中学1年4組『君とみた海』

 

中学1年3組『花になれ』

 

中学1年1組『Gifts』

 

中学1年2組『ヒカリノアトリエ』

 

 

中学1年5組『この地球のどこかで』

 

 

 

午前中はあいにくの雨だったため、龍踊りは体育館で披露しました。

 

楽器隊の音楽も高らかに響き渡ります。

 

「もってこーい!もってこい!」の掛け声が鳴り止みません。

 

皆の願いが通じて雨が上がったため、外で披露することも出来ました。

 

 

何度も何度も「もってこーい!」の声援に応え、

懸命に龍踊りをする生徒にジーンと胸が熱くなりました。

生徒の一生懸命さ、素晴らしいです!

 

 

曇り空を吹き飛ばすような「ソーラン!ソーラン!」の声と圧巻のパフォーマンス。

 

この日のために、こだわって練習を重ねてきました。

 

怪我のために出れなくても、心は一つです。

 

 

可愛くもあり、かっこよくもあるダンスメドレーでした。

 

 

中学の各教室には夏休みの自由研究や授業等の作品が並んでいます。

 

中学1年生の教室です。

 

机には、数学の夏季課題「正多面体を作ろう」が並んでいます。

丁寧に、一生懸命作ったことがよく伝わってくる作品ばかりです。

 

 

 

こちらは、中学2年生の教室。

 

家庭科の夏季課題「バランスの良い昼食作り」のレポートが展示されています。

栄養のバランスを考えての献立作りは難しそうでしたが、どれも美味しそうでした。

 

一針一針、丁寧に仕上げた家庭科被服作品「刺し子」

 

面白いテーマと内容の濃い自由研究がたくさんありました。

 

 

中学3年生の教室には、書道や美術の作品が展示されています。

 

 

 

青雲祭の様子、まだまだ続きます。

「第34回 青雲祭2」のページをぜひご覧ください。