高校2年生 化学の実験

 

高校2年生が化学基礎の授業で、水溶液の電気分解の実験を行いました。

 

実験を行うことで知識の定着や新たな発見に繋がりました。

生徒たちは、目の前で起こる化学反応に目を輝かせていました。

 

 

実験の目的や操作等の説明を聞いています。

 

マイクロプレートに水溶液を入れています。

 

電解質溶液と非電解質溶液に直流電圧をかけ、電気分解を行っています。

 

どんな反応が起こるかな・・・?

 

反応を見逃すまいと、観察する眼差しは真剣です。

 

実験操作を確認しながら実験中。

 

反応を予想しながら観察しています。

 

反応し始めました。「本当に気泡が出てる!!」と嬉しそうな声が飛び出します。

 

試薬を用いて、それぞれの電極で生成する物質も調べました。

 

結果・考察を実験レポートにまとめていきます。

自分が予想した結果通りになったのか、実験結果から更なる考察を練っていました。