中学1年生 思春期教室

 

長崎県西彼保健所から保健師の先生方をお招きして、

中学1年生を対象に思春期教室を開講しました。

 

思春期教室では、赤ちゃん人形抱っこ体験や妊婦体験、

ピアプレッシャーについてのロールプレイ、こころの健康についての講話などを行いました。

 

生徒たちは、生命の大切さを自覚し、他者への思いやりと自分を大切にする気持ちや

男女間の意識の違いをより深く理解し、お互いを尊重することを学びました。

 

  

 

 

 

妊婦体験の様子です。

 

 

「10kgは重くて、一つ一つの動作が大変だなぁ~」と感想を述べていました。

 

 

生徒代表 お礼の言葉。

「一つ一つの項目が印象的でした。

特に、妊婦体験が心に残り、命の大切さを学びました。」