第32回 青雲ラリー

10月31日(水)~11月1日(木)に青雲ラリーが行われました。

 

深夜の行事であるため、地域の方々にご迷惑をおかけしながらも、

今年も無事に開催できましたことをこの場を借りてお礼申し上げます。

 

今年は「希~努力のさきに 光あり~」をテーマに

男子は「長与コース(41km)」女子は「県民の森コース(39km)」を歩きました。

 

高校2年生のリーダー、高校1年生のサブリーダーを中心に先輩・後輩が心を合わせ、助け合い、

完歩を目指します。

 

毎年、下級生のリュックを持ってあげたり、おぶってあげたりなど、

上級生が頼もしいお兄さん・お姉さんの姿を見せてくれます。

 

出発時は緊張した面持ちの生徒たちでしたが、

無事にゴールした時は苦しさと楽しさを併せ持った達成感にあふれた表情をしておりました。

 

 

出発する体育館へ入る前に、点呼や注意事項等の最終連絡と確認中。

 

 

出発前、持って行くべき所持品を最終確認中。

 

 

水筒や懐中電灯、雨合羽、手袋・・・ しっかり持って無事に帰っておいでね!

 

 

よし!しっかり準備は整ったようです!

 

 

所持品の確認が終わり、出発時間を待っています。

 

 

 高校2年生にとっては最後のラリー。

 

 

「みんなで頑張ろう!」とチームで喝を入れています。

 

 

理事長先生・校長先生の号砲で第1班がスタートしました。

 

 

会場のみんなに拍手をして送り出してもらい、力強く歩き出しました。

 

 

夜の冷え込みが心配されていましたが、元気いっぱいです。

 

 

参加できない生徒もチェックポイント等でお手伝いをして、

みんなでラリー成功のためにサポートします。

 

 

41kmを完歩し、最初の班が学校に到着しました。

 

 

ゴールをする前に、まずは支給されたおにぎり等のゴミの分別をします。

 

 

 

 

無事にゴール!体調等を確認しています。

 

 

ゴール後に、青雲汁(豚汁)をいただきます。

 

 

「頑張った後にいただく青雲汁は美味しいね!」と嬉しそうに食べておりました。

 

 

中学1年生から高校2年生までの励まし合って歩いた仲間が一緒に食べています。

 

同じ班の生徒同士が

「先輩ありがとうございました。」

「頑張って一緒に歩いてくれてありがとう。」とお互いにお礼を言っていました。