中学1年 構成画展

 

中学1年生が美術の授業で描いた構成画が図書館に展示されています。

 

今回の作品は、身近なものの形や色の特徴をとらえ、

配置や配色の効果を活かした構成を目的として描かれています。

 

描材はポスターカラーで描かれており、生徒たちは初めて使う描材に戸惑いながらも、

曲線・直線の表現に気を配りながら丁寧に描いていきました。

 

 

 

 

事前に学習した構成美の要素(リズム・リピテーション・シメントリー・グラデーション等)を取り入れながら、身近な対象物を色鮮やかに配置し、仕上げていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青雲図書館での展覧会はクラスごとに1週間展示しており、

他学年の生徒も図書館を訪れた際に作品を鑑賞することができます。

 

鑑賞活動を通じて他者への共感や理解が深まることを期待しています。

 

中学1年生の「構成画展」は3月中旬まで行われております。