科学の甲子園 全国5位

 

3月16日(土)~18日(月)に埼玉県さいたま市で行われた「第8回 科学の甲子園 全国大会」に高校2年生が出場し、見事「全国5位」の成績を収めました。

 

科学の甲子園では、全国47都道府県の代表が、筆記と実験実技に全力で競い合いました。

 

長崎県の代表として、高校2年生の阿部君、川口君、小栁さん、塚﨑君、藤原君、木下君、藤本君、松下さんの8名が参加し、チームとしてよく協力し、討議、合議をしてまとめあげ、素晴らしい結果を出しました。

 

特に、3種類(①地学分野、②化学分野、③総合分野)の実技競技において、それぞれ高得点を出し、総合5位に輝き、「日本理科教育振興協会賞」を受賞しました。

 

チームが一丸となり、積極的にに放課後に実験をしたり、意欲的に勉強会を開いたり、興味関心を持って努力を続けてきた成果です。

 

また、実験競技①で優れた考察力を評価され、「スカパーJSAT賞」を戴きました。

 

これまで青雲高校は科学の甲子園の全国大会に3回出場したことがありますが、その中でも最も良い結果でした。

 

 

全国大会に出場した生徒たち。

 

 

全国第5位。「日本理科教育振興協会賞」を受賞。

 

 

企業特別賞「スカパーJSAT賞」を受賞。