青雲高等学校 第44回卒業証書授与式(卒業式)

令和3年2月21日(日)、青雲高等学校の第44回卒業証書授与式が行われました。今年は感染症流行拡大防止のために、式典の簡素化、在校生は代表1名を除き出席の取りやめ、保護者の出席は1名まで、式典終了後ホームルームの保護者の参観中止など、例年とは大きく異なる形での式典となりました。

それでも第44回生は堂々とした姿勢で卒業式に臨み、厳粛な雰囲気の中で無事に式典は終了しました。この44回生で本校の卒業生総数は1万人を超えることとなりました。本校の歴史にとっても、大きな節目となる日となりました。

特にこの1年間、社会の厳しい状況のなかで、長期間の休校、各種の大会の中止など多くの困難に向き合ってきた第44回生ですが、それらを乗り越えてきた貴重な経験は必ずこれからの糧になるはずです。卒業生の皆さまのこれからのご活躍を、青雲学園は心より願っています。

 

卒業生一人一人の呼名がなされ、これから卒業証書が授与されます。

 

 

卒業生総代が卒業証書を授与されました。

 

校長先生が式辞を述べられています。

 

在校生代表が送辞を述べています。

 

卒業生代表の答辞の様子です。

 

 

式が終了し、卒業生が退場しています。

 

先生方からのお祝いのメッセージが高3のフロアに掲示されていました。

 

卒業式後の最後のホームルームです。