毎日カップ中学校体力つくりコンテスト「優良賞」2年連続受賞

今年も毎日新聞社主催による「第33回毎日カップ中学校体力つくりコンテスト」がおこなわれ、本校もエントリーし、2年連続となる「優良賞」を頂きました。優良賞を含め、上位8つの賞を受賞した学校には毎日新聞 東京本社に御招待いただき、表彰を受けることになります。今回は、中学3年4組の梶山智子さんが生徒を代表し表彰式に参加しました。

 

表彰式では全国各地の他校生徒との交流や、情報交換などとても楽しく貴重な体験をさせていただきました。また、記念講演ではパラリンピック競泳金メダリストの成田真由美さんのお話を聞くことができました。成田さんは、1996年アトランタから2008年北京まで4大会連続でパラリンピックに出場し日本選手最多の金15個など計20個のメダルを競泳で獲得され、今も現役選手として、また多方面において活躍されておられます。13歳で脊髄炎を発症し両下肢まひになられた成田さんの闘病生活や車いすの生活、ご家族の支え、また成田さんの身の回りの出来事などのお話から、感動もちろん、命の大切さや、家族や友だちなど周囲の人々への感謝の気持ちを忘れてはいけないことなど多くのことを教えていただきました。また、社会生活においては、まだまだ障がいをもたれている方への配慮が求められていることも知らされ、互いに協力し合い、手助けや声かけなど私たちにできる事を積極的におこなっていきたいと思いました。

 

さて、今年の審査の経過は、全国約1万1000校のうち、4142校のエントリーがあり、この中から3年生男女の新体力テストの平均値データの上位5%をめどに、体力づくりの実績も考慮して、第1次審査を実施し、127校が選抜されました。その中から、本校の体力つくりへの取り組みや、学校生活の様子などさまざまな角度から特徴や成果を評価していただき、全国で12位に値する「優良賞」というすばらしい賞を賜ることができました。

 

今後も更に精進し、中学生らしく体力つくりに励むと同時に学業と学校生活や学校行事にも全力で取り組んでいきたいと思います。

 

高校1年生家庭科調理実習

今週、11月25日(月)、27日(水)、29日(金)に、高校1年生を対象に、魚調理実習を行いました。これは、長崎県魚市場協会「ながさきのおいしい魚推進事業」のご協力のもと、講師の先生お二人に来校して頂いて、講義と実技指導をしていただくものです。まず講義を受けた後、用意して頂いたアジを三枚におろして刺身をつくる実演をしていただき、生徒たちが各々自分で刺身をつくって試食するまでを体験しました。多くの生徒が初めての経験だったようですが、皆器用にアジをさばいて、最後はおいしく頂きました。

以下、29日(金)の実習の様子を紹介いたします。

 

講師の先生方が紹介されています。

 

大変立派なアジをもってきていただきました。

 

まず、講師の先生による実演と説明です。生徒たちも熱心に見ています。

 

いよいよ実習の始まりです。うろこを取って頭を切り落としています。

 

内臓を除いて、洗っています。

 

三枚におろしています。手際がいいですね。

 

さくに切り分けて、いよいよお刺身にしていきます。

 

きれいに出来上がってきました。

 

おいしそうな刺身がもうすぐ完成です。盛り付けもきれいです。

 

後片付けを終えて、最後にみんな揃って頂きました。美味しい!

 

 

 

合唱コンクール

11月22日(金)7校時に、中学2年生が学級対抗の合唱コンクールを行いました。どのクラスも、2週間ほど前より放課後の練習を続けていて、いよいよ今日が本番だったわけです。クラスが一丸となった素晴らしい合唱が、階段教室全体に響き渡りました。

 

最初に全員で合唱しました。

 

中学2年1組の合唱の様子です。

 

中学2年2組の合唱の様子です。

 

中学2年3組の合唱の様子です。

 

中学2年4組の合唱の様子です。

 

 

中学2年生美術鑑賞会

11月22日(木)、中学2年生は、長崎県美術館での美術鑑賞会に出かけました。現在、県美術館では企画展「クリスチャン・ポルタンスキー – Lifetime -」が開かれており、その展示作品をはじめとして、常設展示されている「スペイン絵画展」などの鑑賞も行いました。事前に鑑賞のマナー等を学んでの鑑賞会であり、生徒たちには芸術に触れる大変良い機会であったと思います。

 

生徒会役員離任式・就任式

11月19日(火)7校時、速見記念館にて第7代生徒会役員離任式、および第8代役員就任式がおこなわれました。昨年の秋からさまざまな生徒会活動を頑張ってくれた第7代の生徒会役員たちも、一年間の任期を終え、先日の選挙で選ばれた新しい生徒会役員たちに後を引き継ぐ日を迎えました。まず、旧役員たちが壇上に並び、生徒会長が代表して離任の挨拶を述べました。次いで新役員たちが登壇し、校長先生より任命状を受けました。そして新生徒会長が抱負を述べ、最後に校長先生より訓示をいただきました。生徒会の仕事は多岐にわたるもので大変ではありますが、よりよい学園にしていくため、生徒の皆さんの協力を得て、しっかり頑張ってほしいものです。

 

科学の甲子園

令和元年度「科学の甲子園」全国大会長崎県代表校選考(長崎県教育委員会,長崎大学主催)が,

11月16日(土)に長崎大学で行われました。参加校は,7高校10チームで,結果は残念ながら,

高校2年生中心の「青雲A」が2位,高校1年生中心の「青雲B」が3位でした。得点発表がないので,

得点差はわかりませんが,2チーム共にこの大会に向けて頑張っていました。特に,高校2年生のチームは,全員で実技競技に取り組み素晴らしい結果を残しました。高校1年生のチームは,来年に向けて今後頑張ってほしいと思います。

 

選手一同です。

「青雲A」チームの実技の様子です。

「青雲B」チームの実技の様子です。

名士講演会

11月15日(金)5、6校時、速見記念館にて名士講演会が行われました。本年度は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所教授の藤田和央さん(本校第8回卒業生)をお招きして、「アストロバイオロジーと宇宙探査」という演題で講演していただきました。アストロバイオロジーとは宇宙生物学という新しい学問分野で、生命がどのようにして地球に誕生したのか、宇宙には地球のほかに生命が存在する星があるのか、という問いに答えるため、宇宙を探査し、その徴候や証拠を探すものです。今回の講演では、多くのスライドや動画を使って、生命の起源に関する最新の話題とともに、日本のこれまでの宇宙探査や現在進行中の探査について教えていただき、さらに将来の計画やヴィジョンについても紹介していただきました。講演終了後、生徒たちの質問に答えていただき、最後に生徒を代表して生徒会長がお礼の挨拶をいたしました。

 

全校生徒が着席して、講演会の開始を待っています。

 

講演が始まりました。

 

はやぶさ、及びはやぶさⅡのミッションについてお話ししていただきました。

 

講演の最後に、生徒たちへ熱いエールをいただきました。

 

講演の内容について生徒が質問をしています。先生には丁寧に答えていただきました。

最後に、生徒代表がお礼の挨拶をしています。