科学の甲子園 全国5位

 

3月16日(土)~18日(月)に埼玉県さいたま市で行われた「第8回 科学の甲子園 全国大会」に高校2年生が出場し、見事「全国5位」の成績を収めました。

 

科学の甲子園では、全国47都道府県の代表が、筆記と実験実技に全力で競い合いました。

 

長崎県の代表として、高校2年生の阿部君、川口君、小栁さん、塚﨑君、藤原君、木下君、藤本君、松下さんの8名が参加し、チームとしてよく協力し、討議、合議をしてまとめあげ、素晴らしい結果を出しました。

 

特に、3種類(①地学分野、②化学分野、③総合分野)の実技競技において、それぞれ高得点を出し、総合5位に輝き、「日本理科教育振興協会賞」を受賞しました。

 

チームが一丸となり、積極的にに放課後に実験をしたり、意欲的に勉強会を開いたり、興味関心を持って努力を続けてきた成果です。

 

また、実験競技①で優れた考察力を評価され、「スカパーJSAT賞」を戴きました。

 

これまで青雲高校は科学の甲子園の全国大会に3回出場したことがありますが、その中でも最も良い結果でした。

 

 

全国大会に出場した生徒たち。

 

 

全国第5位。「日本理科教育振興協会賞」を受賞。

 

 

企業特別賞「スカパーJSAT賞」を受賞。

 

新高校3年 春季課外授業

 

3月17日(日)より、新高校3年生の春季課外授業がスタートしました。

 

昨日の終業式から一夜明けた課外初日、

生徒たちは新学年・最高学年としての自覚を持った表情で登校してきました。

 

いつも通り朝7時に登校し、朝から黙々と学習する寮生や

放課後も時間が許す限り教室に残って学習に打ち込む生徒もいました。

 

授業は、高校2年生までの授業編成とは異なり、

高校3年生と同じように志望校ごとに分かれたゼミ形式で行われています。

 

それぞれの夢・目標に向かって、いい春のスタートが切れたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

第42回 青雲中学校 卒業証書授与式

 

一層春色が濃くなり、心が躍る季節になってまいりました。

明るい春の日差しが、今日という日を祝っているかのようです。

 

3月16日(土)、第42回 青雲中学校 卒業証書授与式が挙行されました。

 

中高一貫校である本校の中学卒業式は、

自身の中学校生活をふり返ると同時に、高校生活への決意をする日でもあります。

 

また、4月からスタートする高校生活への期待でいっぱいの45回生は、

高校から入学する仲間が増えることも楽しみにしているようです。

 

 

3年前の入学式で出会った45回生。心も体も成長し、堂々と入場。

 

 

 

担任の先生が卒業生ひとりひとりを呼名します。

 

 

 

 

 

 

生徒たちは卒業の喜びと、どんな素晴らしい前途が待っているのかと

期待に溢れています。

 

 

 

 

 

 

卒業証書授与

 

 

 

45回生全員に卒業証書が授与されました。

 

 

 

校長式辞

 

 

 

育成会会長祝辞(白髭様)

 

 

 

卒業生決意表明

 

 

 

中学3年生担当の先生方(最前列)

 

 

 

最後の一人まで堂々とした姿で退場しました。

 

 

「自分で考える」ことを学年目標とし、何事にも前向きに挑戦して

一人ひとりが様々な場面で活躍をしている45回生の皆さん、

ご卒業おめでとうございます。

 

45回生の今後さらなる飛躍を期待しています。

 

 

3学期終業式・退任式

 

3月16日(土)、3学期終業式と退任式が行われました。

 

終業式では、はじめに伝達表彰を行いました。

 

その後、校長先生より今年度の振り返りと新しい学年へ向かうことへの激励を頂きました。

 

そして生徒指導部長の先生より春休みの過ごし方等のお話がありました。

その中でも特に、SNSとの関わりについては、

一生を左右するような大変な問題になりかねないことを認識するよう、

厳しく指導されました。

 

 

終業式・退任式(体育館にて)

 

 

部活動や対外的に多方面で活躍した生徒たちに表彰が行われました。

 

 

 

校長先生からの訓話

 

 

 

生徒指導部長からの訓話

 

 

 

退任式では、今年度をもってご退任される先生方からご挨拶がありました。

 

 

青雲学園の創立当時からご勤務いただいた先生方のお言葉は、

しっかりと生徒たちの心に残るような重みがあり、温かなものでした。

 

 

 

 

 

先生方が青雲学園にもたらされた、とても大きな財産をこれからもずっと大切にして

生徒・職員一同、さらに成長していきたいと思っています。

先生方のご健勝とご多幸を心よりお祈りしております。

 

高校2年 木炭デッサン展

 

高校2年生が美術の授業に木炭で自分の上履きシューズを描きました。

 

テーマは「歩み~上履きシューズ~」です。

 

生徒たちは、7時間という短い時間の中で作品を描き上げました。

 

はじめての木炭デッサンということで、描材に不慣れな面もあり、

形がとれず立体感表現が難しかったようですが、

逆に彼らの内面や高校生活の歩みが垣間見える素晴らしい作品展となっております。

 

様々な形の上履きシューズのデッサンが一堂に集結する作品展は圧巻です。

 

 

 

 

 

作品を鑑賞していた生徒が「すごい!すごいね!!」と感激しておりました。

 

 

 

 

 

ずらっと並ぶ作品。迫力満点です!

 

 

 

 

 

 

木炭デッサンを描く目的は、

「美術の基礎である形を捉える能力を養うこと」

「陰影表現を通してもののボリューム感を表現し、

立体感表現や空間表現の能力を高めること」

などがあります。

 

 

 

木炭デッサンは素描(鉛筆デッサン)と絵画(彩色表現)の中間表現方法であり、

両方の要素をもつ大切な描き方です。

 

 

高校2年生の「木炭デッサン展」は、4月末まで開催されています。

素晴らしい作品を、ぜひご高覧ください。

 

中学3年 彫刻展

 

中学3年生が美術の授業で制作した作品が図書館に展示されています。

 

生徒たちは「形のないカタチ」というテーマで

形態のないものからイメージを膨らませて、石彫作品を制作しました。

 

中学3年生という多感な時期だからこそ生まれる感性が溢れ出す抽象彫刻作品群です。

 

 

 

 

 

 

 

 

作品の表面がピカピカに磨かれています。作品への愛情が伝わって来ます。

 

 

 

 

 

 

想いが詰まった作品を見ていると、

作品を作った生徒と向き合っているような感覚になります。

 

 

 

一人ひとりの個性が光る作品ばかりです。

 

 

 

 

 

 

 生徒の感性や発想は素晴らしいな!と感動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは様々な形の中で生活しています。

 

時代や流行で日々変わり続けていく形に常に翻弄され続けている私たちですが、

目に見える形以外にも、目に見えないものや移りゆき変化する形があります。

 

自然界では光や影、暑さや寒さ、音などがあり、

人の内面に目を向けてみると優しさや嬉しさ、苦悩や悩みなど様々です。

 

形がないために忘れられがちなものですが、ふと目を向けてあげると、

このようなものが人の生活に大切な彩りと豊かさを与えてくれるということを

生徒たちの作品を見ていると教えられる気がします。

 

中学3年生の「彫刻展」は、4月末まで開催されます。

 

 

中学2年 調理実習

 

中学2年生が調理実習を行いました。

メニュ―は、「煮込みハンバーグ・コンソメジュリエンヌ・パンナコッタ」でした。

 

職人のようにハンバーグをこねる生徒、率先しててきぱきと片付けをする生徒など

それぞれが一生懸命に、そして活き活きと実習を行っておりました。

 

生徒たちは実習を通して、食への関心を高めたり、

調理したものを皆で食べる喜びや楽しさ、

そして、食事を作ってくれる家族への感謝の気持ちを改めて実感できたようでした。

 

 

玉ねぎをみじん切りしています。目にしみるね・・・

 

 

手際よく頑張っています。きっとお家でよくお手伝いをしているんだね!

 

 

黙々と・・・慎重に・・・集中して・・・真剣そのもの。

 

 

そぉ~っとパンナコッタを容器に移しています。うまく固まりますように!

 

 

ハンバーグ用とジュリエンヌ用は切り方を変えるのか!面白いなぁ!

 

 

ハンバーグと同時進行でジュリエンヌも作っています。

 

 

ハンバーグのネタから上手に空気を抜いていました。

 

 

洗いものも率先してやっています。

 

 

 

 

 

 

班で協力しながら調理を進めています。

 

 

焼けたかな?

 

 

どの班も美味しそうな煮込みハンバーグが完成していました。

 

 

3月定期考査

 

2月28日(木)~3月5日(火)は3月定期考査でした。

 

今年度最後の定期考査です。

生徒たちはいつも以上に気合が入っており、

休み時間も最後の最後までしっかりと見直しをしていました。

 

 

写真は高校2年生。

高校3年生が卒業後、最高学年となった自覚が芽生えてきています。

 

 

 

校内のいたるところで早咲きの桜の蕾もほころび、

まるで生徒たちを応援しているかのようです。

 

 

中庭の河津桜

 

 

速見記念館の緋寒桜

 

 

青雲坂

 

 

定期考査が終わり、生徒たちは少しホッとした表情で青雲坂を降りていました。

 

第68回郡市対抗県下一周駅伝大会

 

2月17日(日)に開催された長崎県の「郡市対抗県下一周駅伝大会」に

高校2年 中村綺宥さんが西彼杵郡・西海市チーム代表として出場しました。

中村さんは最後のアンカー区間(5キロ)を区間5位で走りました。

 

中村さんは

「優勝できなくて悔しいけれど、自己ベストタイムを更新できて嬉しかったし、

たくさんの方に応援して頂いたことに感謝しています。」と話していました。

 

 

 

 

卒業生に贈る餅つき

 

2月21日(木)に、毎年恒例の餅つきが行われました。

卒業する高校3年生に贈るためのもので、杵をふるうのは高校2年生です。

 

 

会場準備中

 

 

各クラス4kgのもち米を3回・・・計12kgのもち米を3人1組でついていきます。

 

 

熱々のもち米にお湯を加えながらつきます。これが意外と難しい!

 

 

お餅を丸めるチームがお餅がつきあがるのを待っています。

準備万端です!

 

 

「先輩、部活で素敵だったなぁ」「下宿で励ましてくれたこともあったなぁ

と丸めながら、お世話になった先輩方との思い出話に花が咲きます。

 

 

紅白饅頭に見えるようにするため、今年は赤いラップが新登場!

 

 

箱に入れ、卒業生へのメッセージカードを添えます。

 

 

生徒たちは粉まみれになりながらも、心を込めて作っていました。

想いがこもったお餅が無事完成しました!