12月定期考査

 

11月27日(月)から12月1日(金)まで、12月定期考査が行われています。

(高校3年生は本日29日(水)まで校内模試)

 

生徒たちは朝早くから学校に来て、黙々と自習に取り組み、

放課後は先生たちを捕まえて熱心に質問をしています。

 

中学3年生、現代文の試験の様子です。がんばれ!

 

時津町ビブリオバトル大会

11月11日(土)に時津公民館で開催されました、時津町内の全小中学校からの代表による「時津町 読書感想発表会 ビブリオバトル大会」に、中学2年生の池田くんと中学1年生の品川くんが本校代表として参加しました。2人は、青雲祭の「中学2年生・中学1年生共同開催ビブリオバトル」でみごと勝ち抜き、今回の代表となりました。

 

「ドーナツに穴がなければもっとたくさんドーナツを食べられるのになぁ」という思いを持った品川くんは、大阪大学ショセキカプロジェクト編集の『ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問 穴からのぞく大学講義』という本を落ち着いて爽やかに紹介しました。

 

「いつも元気!だけどちょっと流行に遅れている池田です!」というユーモアたっぷりの自己紹介で始まった池田くんの発表(実はこれ、ただの自虐ではなく、紹介する本への伏線が隠されている自己紹介なのです!)。紹介した本は伊坂幸太郎さんの『ガソリン生活』です。

 

2人とも、堂々とした発表を披露してくれました。

 

チャンプ本には惜しくも選ばれることができませんでしたが、もともとビブリオバトルは勝負色が濃いものではなく、「人を通して本を知る。本を通して人を知る」をコンセプトに始まった図書紹介ゲームです。2人にとっても、他の出場選手と互いの健闘を讃え合うことで、有意義な時間となったようでした。

 

お世話になりました、時津町の皆さまに、この場を借りてお礼申し上げます。

生徒会役員離任式・就任式/全校集会

11月14日(火)に、第5代生徒会役員の離任式および、第6代生徒会役員の就任式と、

全校集会が開かれました。

 

集会では、研究作品コンクール、囲碁、書道、陸上、テニス、剣道の表彰が行われ、

校長先生のお話がありました。

 

第5代生徒会です。1年間、学校をよりよくしようと頑張ってくれました。

 

生徒会長の戸次くんが、次期生徒会へと、生徒会の精神を引き継ぎました。

 

第6代生徒会役員です。

 

校長先生が、新生徒会役員に任命状を手渡しました。

 

新生徒会長の森くんによる、就任挨拶の様子です。

 

東京家政大学・同生活科学研究所主催の「生活をテーマとする研究・作品コンクール」において、高校3年生の川下くんが「卵形の空気力学的特性に関する関数の整備ー適切な卵形の保護への工学的応用を目指してー」という研究論文で、努力賞を受賞しました。

 

校長先生は、Vファーレン長崎のJ1昇格という身近な話題から、

鹿児島の郷中教育や、座間の殺人事件などに触れられながら、

ものごとの良し悪しを、他に惑わされずに判断できる力を養ってほしい、

とお話しされました。

 

 

 

 

 

新生徒会役員立会演説会

11月7日(火)に、新生徒会役員選挙に先立つ、立会演説会が行われました。

 

選挙では、会長1名、副会長1名、書記2名、会計1名、監査1名、役員3名を選びます。

 

今年は、高校1年生から、会長候補3名、副会長候補1名、書記候補2名、

会計候補1名、監査候補1名

そして中学3年生から、役員候補4名が名乗りを上げました。

 

生徒たちは全校生徒の前で話す緊張と戦いながら、身振り手振りを交えたり、

公約のキーとなる言葉を紙に書いて示したりなど、

それぞれの方法で、投票する生徒たちに熱く訴えかけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中3クラスマッチ

10月31日(火)に、中学3年生の第2回クラスマッチが行われました。

前回同様、ドッジボールで勝敗を競いましたが、クラス間の順位も大きく入れ替わり、

勝ったクラスも負けたクラスもとても楽しそうでした。

 

実行委員よりルールの説明があります。

 

ボールが2つなので、常に気が抜けません。

 

女子も負けていません!

対外模試(駿台・Z会プレステージ)

10月28日(土)に、各学年で対外模試が行われました。

中学3年生は駿台模試、高校1年生、2年生はZ会プレステージを受験しました。

普段より一段と難易度の高い問題に頭を悩ませつつ、最後の1分まであきらめずに考え抜きました。

 

中学3年生の受験の様子です。

中学1年生 思春期教育

10月27日(金)に、西彼保健所から講師の方をお招きして、中学1年生対象の思春期教育が行われました。

前半は生命の誕生・妊娠について体験を通して学び、

後半は男女の悩みの違い、 ピアプレッシャー(仲間からの圧力)による、飲酒喫煙薬物などの誘惑から身を守ることや心の健康についてなど、思春期を生きる生徒たちに身近なテーマで考えを深めました。

 

お腹に赤ちゃんがいる重さを感じながら、靴を履いたり、

かがんで物を拾ったりして、妊婦さんの大変さに触れました。

 

「親に感謝したい」「バスで席を譲ろうと思った」など、すぐに生かせる学びがありました。

 

次は赤ちゃん抱っこ体験です。

 

首の座っていない赤ちゃんなので、抱き方に注意が必要です。

 

ほらほら頭を支えてあげて!

 

やさしく、やさしく

 

様になっています!

 

パパ経験者である先生方が、コツを教えています。

 

人形だけど、可愛く見えてきました。

 

本当の赤ちゃんを抱いているみたいです。

 

思春期の特徴などに関する講演を聞きました。

 

 

中1スケッチ大会

10月19日(木)に、中学1年生のスケッチ大会が、あぐりの丘にて行われました。

園内にはたくさんの花壇や、羊やヤギなどの動物、ヨーロッパ風の建物、噴水や池など、スケッチを楽しめる要素が多く、どこを描いても絵になるような構図が多く見られます。

生徒たちは思い思いの場所に腰を据え、のびのびとスケッチを楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋晴れの空の下で食べるお弁当はまた格別だったことでしょう!