第32回毎日カップ体力づくりコンテスト「優良賞」受賞

今年も毎日新聞社主催による「毎日カップ中学校体力つくりコンテスト」がおこなわれ、本校もエントリーし、「優良賞」を頂きました。

優良賞を含め、上位7つの賞を受賞した学校には毎日新聞 東京本社に御招待いただき、表彰を受けることになります。今回は、級長会の会長である中学3年4組の村上諒輔君が生徒を代表し表彰式に参加しました。

 

表彰式では全国各地の他校生徒との情報交換や、交流などとても楽しく貴重な体験をさせていただきました。また、記念講演では日本ラグビー協会15人制男子強化委員長で、ラグビー日本代表としてもご活躍になられた薫田真広さんの講演を聞くことができました。

薫田さんからは、「夢や目標を追い続けることや、その夢を達成させるために何をすべきかを明確にし、実行することの大切さ」「知力の必要性」「長所を伸ばすこと」「きついことでも楽しむ気持ちを持つこと」「周囲の人に感謝する気持ちを忘れないこと」など成功するための5つのポイントを掲げ、とてもわかりやすく、学校生活や今後の人生の参考となる有り難いお話を頂きました。

 

さて、今年の審査の経過は、全国約1万1000校のうち、4147校のエントリーがあり、この中から3年生男女の新体力テストの平均値データの上位5%をめどに、体力づくりの実績も考慮して、第1次審査を実施し、142校が選抜されました。その中から、本校の体力つくりへの取り組みや、「文武両道の実現」、「学校生活全般」などさまざまな角度から特徴や成果を評価していただき、全国で12位に値する「優良賞」というすばらしい賞を賜ることができました。

今後も更に精進し、中学生らしく体力つくりに励むと同時に学業、学校行事にも真剣に取り組んでいきたいと思います。

 

 

名士講演会

11月22日(木)13:00より速見記念館において、本馬貞夫先生を講師にお招きして、「世界遺産 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を演題として講演をして頂きました。本馬先生は、日本近世・近代史、特に長崎の歴史に関する研究で多くの著作をお持ちで、各方面で多岐にわたって活躍されておられ、この度の世界遺産認定に関しても大きく寄与されたとお聞きしています。今回の講演においても、その世界遺産認定に関するお話や、いわゆる潜伏キリシタン、隠れキリシタンに関する非常に興味深いお話をして頂きました。先生の講演の後、内容に関して質問をする生徒もおり、先生にも丁寧に応えて頂きました。最後に生徒代表がお礼を述べ、講演会は終了いたしました。

 

始めに、校長先生が講師の本馬先生を紹介されました。

 

いよいよ講演が始まりました。

 

講演が終わって、生徒が質問をしているところです。

生徒会役員離任式・就任式

11月20日(火)7校時、速見記念館にて第6代生徒会役員の離任式、および第7代生徒会役員の就任式が執り行われました。整列した全校生徒の前で、まずこれまで1年間務めてくれた第6代の役員たちが壇上に並び、旧生徒会長が旧役員を紹介した後、代表として最後の挨拶をしてくれました。その後、先日の選挙の結果当選した新役員たちが代わって登壇し、校長先生より一人ずつ任命状を授与されました。そして、代表して新生徒会長が挨拶をしましたが、その中で、青雲学園を生徒にとって過ごしやすくよい学園にしていきたいと、力強い抱負を述べておりました。

その後、校長先生から訓示を頂いた後、早速新副会長より生徒達へマナー向上の呼びかけがあり、さらに、先に行われた青雲ラリー実行委員長からも呼びかけがありました。新しく選ばれた生徒会役員と共に、生徒全員で呼びかけに応えながら、より良い学園にしていきたいものです。

 

旧役員が壇上に整列し、旧生徒会長が離任の挨拶をしています。

 

新役員が壇上に整列しました。

 

 

校長先生からお話を頂きました。

中1ボランティア清掃

11月19日(月)の午後、中1の生徒達は時津町内をボランティア清掃しました。日頃お世話になっている地域の方々への感謝の思いを込めて、生徒達は熱心に活動していました。時津町は海に面しており、ゴミはすぐに海へと流されます。近年特に問題になっているプラスチックのゴミを減らすことに貢献できました。この経験を活かして、生徒達はこれからも環境を守り、地域への感謝を持って生活してくれることと思います。

 

全校集会

11月13日(火)15:30より速見記念館にて全校集会が行われました。まず、校内伝達表彰が行われ、秋季新人戦などで優秀な成績を修めた、陸上、新体操、ハンドボール、剣道、テニスの各選手たちが、校長先生から表彰を受けました。その後、校長先生から訓示を頂きました。お話の中で、昨日の生徒会新役員の演説内容に触れられ、青雲生にふさわしい在り方、心構えを説いて頂きました。

 

生徒会役員選挙立会演説会

11月12日(月)7校時、速見記念館にて第7代生徒会役員選挙の立候補者による立会演説会が行われました。各立候補者は、限られた時間の中で、青雲学園をさらに良い学園にしていきたいとの思いを熱く訴えかけていました。生徒達も、彼らの主張にしっかり向き合い、演説会のあと教室に戻って投票を行いました。

青雲学園は、青雲生一人一人が主役となってつくりあげていく場です。その意味で、生徒会の役割はとても大切です。新しく決まった第7代の役員の皆さん、よろしくお願いします。

 

青雲ラリー閉会式

本年度の青雲ラリーも無事に成功し、休暇の後、11月6日(火)7校時に速見記念館にて閉会式が行われました。開会式と同様に生徒たちは班ごとに整列し、まず順位の発表の後、表彰が行われました。順位が発表されるたびに、生徒たちの中から歓声が起こり、第1位から第5位までの班は班員全員にメダルが授与されました。最後に校長先生がお話をされ、生徒たちのラリーでの頑張りを讃えられるとともに、この後の学校生活への心構えを説いて頂きました。

 

第32回 青雲ラリー

10月31日(水)~11月1日(木)に青雲ラリーが行われました。

 

深夜の行事であるため、地域の方々にご迷惑をおかけしながらも、

今年も無事に開催できましたことをこの場を借りてお礼申し上げます。

 

今年は「希~努力のさきに 光あり~」をテーマに

男子は「長与コース(41km)」女子は「県民の森コース(39km)」を歩きました。

 

高校2年生のリーダー、高校1年生のサブリーダーを中心に先輩・後輩が心を合わせ、助け合い、

完歩を目指します。

 

毎年、下級生のリュックを持ってあげたり、おぶってあげたりなど、

上級生が頼もしいお兄さん・お姉さんの姿を見せてくれます。

 

出発時は緊張した面持ちの生徒たちでしたが、

無事にゴールした時は苦しさと楽しさを併せ持った達成感にあふれた表情をしておりました。

 

 

出発する体育館へ入る前に、点呼や注意事項等の最終連絡と確認中。

 

 

出発前、持って行くべき所持品を最終確認中。

 

 

水筒や懐中電灯、雨合羽、手袋・・・ しっかり持って無事に帰っておいでね!

 

 

よし!しっかり準備は整ったようです!

 

 

所持品の確認が終わり、出発時間を待っています。

 

 

 高校2年生にとっては最後のラリー。

 

 

「みんなで頑張ろう!」とチームで喝を入れています。

 

 

理事長先生・校長先生の号砲で第1班がスタートしました。

 

 

会場のみんなに拍手をして送り出してもらい、力強く歩き出しました。

 

 

夜の冷え込みが心配されていましたが、元気いっぱいです。

 

 

参加できない生徒もチェックポイント等でお手伝いをして、

みんなでラリー成功のためにサポートします。

 

 

41kmを完歩し、最初の班が学校に到着しました。

 

 

ゴールをする前に、まずは支給されたおにぎり等のゴミの分別をします。

 

 

 

 

無事にゴール!体調等を確認しています。

 

 

ゴール後に、青雲汁(豚汁)をいただきます。

 

 

「頑張った後にいただく青雲汁は美味しいね!」と嬉しそうに食べておりました。

 

 

中学1年生から高校2年生までの励まし合って歩いた仲間が一緒に食べています。

 

同じ班の生徒同士が

「先輩ありがとうございました。」

「頑張って一緒に歩いてくれてありがとう。」とお互いにお礼を言っていました。

 

青雲ラリー開会式

10月30日(火)7校時、速見記念館にて、翌31日~11月1日に行われた第32回青雲ラリーの開会式が行われました。生徒達は班ごとに整列し、まず、諸泉教頭先生から訓話を頂きました。その後、実行委員長の挨拶があり、最後にラリー班を代表して男子A6班が壇上に登り、点呼の取り方を説明する上でのモデル班となってくれました。生徒達は明日に迫ったラリー本番に思いを馳せつつ、訓話、説明を真剣に聞いておりました。今年のテーマは「希 ~努力のさきに、光あり~」です。これまでの実行委員の頑張りに感謝しつつ、ぜひラリーを成功させたいという思いを再確認しました。