中学1年 はじめての行進練習

 

中学1年生が入学して2週間が経ちました。

 

学園の決まりを学んだり、仲間のことを知ろうと努めたり、

初めてのことばかりで覚えることがたくさんありますが、

中学1年生は学園生活に早く慣れようと、必死に頑張っています。

 

4月19日(金)の体育の授業では、はじめて行進の練習をしました。

この日は、2時間連続の体育の授業で疲れもあったと思いますが、

生徒たちは一生懸命、大きな声を出しながら取り組んでいました。

 

クラス担任の先生方もグラウンドに出て、

クラスへ声掛けをしながら生徒と一緒に頑張りました。

 

また、校長先生も激励に駆け付けてくださり、

元気いっぱいの中学1年生に、さらに気合が入りました。

 

はじめての行進に戸惑いながらも、トラックを1周歩き切りました。

中学1年生らしく、元気に、はつらつと行進をしていました。

 

 

 

 

 

校長先生へ挨拶をしています。

 

 

クラス担任の先生方も一緒です。

 

 

校長先生の挨拶。

 

 

「青雲生としての誇りを持って行進して欲しい。」と述べられていました。

 

 

全員がしっかりと顔をあげて聞いています。

 

 

 

 

 

この後、行進をしました。

お写真を撮るはずが・・・このためにカメラを持って来たのに・・・

クラスへの声掛けに夢中になってしまっていました・・・

中学1年生の一生懸命な姿に魅了された時間でした。

 

新入生歓迎パフォーマンス(ディベート部)

 

4月17日(水)と18日(木)の放課後、

ディベート部による「新入生歓迎模擬ディベート」が行われました。

 

2日間開催され、新入生が身近に感じられる論題や

「日本は救急車を有料にすべきである。是か否か。」

という一般社会に関わる論題を議論しました。

 

時折ユーモアを交えながらも白熱したスピーチでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新入生歓迎パフォーマンス(吹奏楽部&書道部)

4月16日(火)放課後17:00より中庭にて、吹奏楽部と書道部の新入生歓迎合同パフォーマンスが行われました。まず、吹奏楽部により「宝島」が演奏されました。素晴らしい構成と圧巻の演奏が、聴衆を魅了していました。続いて「じょいふる」の演奏と、それに合わせて書道部のパフォーマンスが始まりましたが、いつもながら鮮やかに、勢いよく作品が出来上がっていく様子は見事でした。今回、吹奏楽部と書道部は初めてのコラボレーションということでしたが、両部員の思いが正に「響」きあって素晴らしいパフォーマンスであったように思います。

 

いよいよパフォーマンスのスタートです。

 

まずは吹奏楽部の演奏です。素晴らしいものでした。

 

2曲目、演奏と書道パフォーマンスのコラボレーションが始まります。

 

 

 

音楽と書が響き合っています。

 

完成です!見事なコラボレーションでした。

避難訓練

4月16日(火)7校時に避難訓練が行われました。4号棟1階化学実験室より出火したという想定の下、教頭先生による校内放送を合図に、全生徒、職員の避難が始まりました。長崎北消防署浜田出張所の署員の方々の監督の下、学年ごとに決められた経路に沿って、ハンカチで口、鼻を覆いつつ、急いで第二グラウンドに集まり、すぐに人員点呼を行い、全員の避難完了を確認しました。1200人程の生徒が、開始から7分弱で避難を完了できました。その後、長崎北消防署浜田出張所の所長の方から訓練の講評と講話と共に多くのアドバイスをして頂きました。最後に、校長先生からもお話をして頂き、訓練は終了しました。

 

中1の生徒が避難しています。

 

 

中2、中3の生徒たちが第2グラウンドへ避難しています。

 

高校生は体育館の横を抜けて第2グラウンドへ向かっています。

 

避難開始から7分ほどで、生徒全員が第2グラウンドに避難を終えました。

 

長崎北消防署浜田出張所の所長より講評を頂きました。

 

最後に、校長先生からもお話を頂きました。

新入生歓迎パフォーマンス(新体操部)

 

4月12日(金)の放課後、

中庭にて新体操部による新入生歓迎パフォーマンスが行われました。

 

新入生は、リズミカルなダンスパフォーマンスに魅了され、

目を輝かせながら見ていました

 

 

 

 

 

 

 

 

圧巻のパフォーマンスに魅了されていました。

 

 

新体操部の主将による新体操部の紹介。

 

学級委員任命式

4月12日(金)8:40より速見記念館にて本年度前期の学級委員任命式が行われました。中学1年から高校3年までの各学級で、委員を代表して級長、副級長が呼名を受け、さらにその代表として、高校3年生の級長が壇上で校長先生より任命状を授与されました。その後、校長先生からお話を頂き、会は終了しました。各学級とも、委員のもと、生徒たちがしっかり団結してクラスを盛り上げていって欲しいと思います。

 

各学級の級長、副級長が呼名を受けています。

 

代表の高3生が任命状を授与されています。

 

校長先生からお話を頂きました。

対面式

4月6日(土)8:40より速見記念館にて、在校生と新入生の対面式が行われました。生徒会役員の司会進行により、まず在校生を代表して生徒会長が歓迎の挨拶を行い、続けて新入生の代表が挨拶を行いました。最後に、校長先生からお話を頂き、対面式は終了しました。本日はこの後課題考査が行われ、新入生は明日から合宿に出発します。青雲学園は新しい仲間を迎え、新しい一年がスタートしました。在校生、新入生の皆さん、お互い切磋琢磨し合って、充実した一年を過ごしていきましょう。

 

生徒会役員の司会で、対面式が始まりました。

 

生徒会長の歓迎の挨拶です。

 

新入生代表生徒が挨拶をしています。

 

校長先生からお話を頂きました。

2019年度第一学期始業式

4月5日(金)速見記念館にて本年度第一学期の始業式が行われました。まず始業式に先立ち、本年度から青雲学園に着任される新任の先生方5名が、校長先生によって紹介されました。その後始業式となり、校長先生のお話、生徒指導部長のお話と続き、最後に「科学の甲子園」で全国第5位となった新高3のチーム8名が表彰されました。生徒の皆さん、今日から新しい学年となります。心新たにスタートいたしましょう。

 

新任式の様子です。

 

 

 

校長先生からお話をして頂きました。

 

 

 

「科学の甲子園」チームの表彰の様子です。

 

桜満開

 

新年度がスタートしました。

 

学園内の桜が満開に咲いています。

特に、青雲坂の桜は大変美しく、思わず足を止めてしまうほどです。

 

満開の桜や学園内の色とりどりのたくさんの花たちが

「進級する在校生の登校を待っているよ!」

「新入生の皆さん、ようこそ青雲へ!」と出迎えているようです。

 

4月5日(金)の始業式・入学式で元気に会えるのを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新高校3年 春季課外授業

 

3月17日(日)より、新高校3年生の春季課外授業がスタートしました。

 

昨日の終業式から一夜明けた課外初日、

生徒たちは新学年・最高学年としての自覚を持った表情で登校してきました。

 

いつも通り朝7時に登校し、朝から黙々と学習する寮生や

放課後も時間が許す限り教室に残って学習に打ち込む生徒もいました。

 

授業は、高校2年生までの授業編成とは異なり、

高校3年生と同じように志望校ごとに分かれたゼミ形式で行われています。

 

それぞれの夢・目標に向かって、いい春のスタートが切れたようです。