令和2年度前期行事予定表

先日掲載した令和2年度前期行事予定表について、下記の項目で変更が生じましたので、お知らせいたします。

 

① 6月20日(土)諫早地区育成会、7月11日(土)長崎地区育成会の予定が入りました。

② 7月12日(日)オープンスクールの翌日13日(月)を休日といたします。

③ 7月11日(土)、12日(日)東大プレを、18日(土)、19日(日)に変更します。

 

改訂版は、こちらからご覧になれます。

臨時休校を前にした学年集会

今回のコロナウィルス感染症対策により、本校も3月2日(月)をもって、今年度を終了することになりました。中学1年生から高校2年生までの各学年とも、最後の定期試験を済ませた後、学年ごとに一年間の締めくくりと、休暇中の過ごし方、学習の進め方や次の学年への準備について、指導が行われました。慌ただしい中ではありましたが、生徒たちは落ち着いた様子で、先生方のお話に耳を傾けていたようです。

 

そのような中、志学堂にて、46回生は中学生として最後の学年集会に臨みました。本来ならば今月14日(土)、青雲中学校卒業式をもって卒業の予定でしたが、今般の休校措置により卒業式が中止となってしまいました。しかし、校長先生をはじめ学年の先生方のお心遣いにより、校長先生から卒業証書を授与して頂き、お言葉も頂くことができました。保護者も後輩の中学生たちも参列しない、彼らだけの「卒業式」ではありましたが、皆の心に残るものであったとおもいます。

4月からは青雲高等学校の生徒として、さらに飛躍を期待しています。

卒業おめでとう! そしてこれからも頑張れ、46回生!

 

卒業生の代表が、卒業証書を授与されています。

 

校長先生から、温かいはなむけの言葉をいただきました。

 

最後に、代表が決意を述べています。

 

中学1年 OB講話

 

2月7日(金)7校時に中学1年生を対象にOB講話がありました。

講話をしていただいたのは、28回生の有吉耕二先生です。

 

農作物に関わる多岐にわたった魅力的なお仕事に就かれており、

自分の好きなことを仕事にする面白さやご自身の経験を基に、

どのような将来を選択していくべきかという人生観などを

話してくださいました。

 

生徒たちにとって、将来の夢や目標について考える

大変有意義な時間となりました。

ありがとうございました。

 

 

28回生 有吉耕二先生

 

 

有吉先生の熱意溢れる講話が続いています。

 

 

講話に聞き入っている生徒たち。

 

 

「夢を見つけるにはどうしたらいいですか。」という生徒からの質問にも

とても丁寧にお答えくださいました。

 

 

生徒代表 お礼の言葉。

 

合格者オリエンテーション

 

2月2日(日)に合格者オリエンテーションが行われました。

朝早くからたくさんの方にお越しいただきました。

ありがとうございました。

 

全体会では、学園生活を送る上での心構えや

学習面・生活面のことを中心にお伝えしました。

また、入学までの過ごし方についてもお話がありました。

 

 

全体会の様子

 

 

学校長の挨拶

 

 

教頭からの説明

 

 

生徒指導部長からの説明

 

 

青雲坂の様子

 

 

青雲坂にある早咲きの桜の蕾が芽吹いていました。

新入生の皆さんが桜が咲く青雲坂を登って来る日が近づいていることを感じ、

嬉しくなりました。

 

春に新入生の皆さんとお会いできることを、

在校生・職員一同、心より楽しみにしております。

 

二学期終業式

12月21日(土)速見記念館にて、二学期の終業式が行われました。まず、表彰伝達式があり、中学3年生が受賞した「毎日カップ中学校体力づくりコンテスト優良賞」をはじめ、新体操部、テニス部、水泳部、剣道部の選手の大会優勝、準優勝、さらに「中学生の税についての作文」、「科学の甲子園」、書道、将棋、弁論などで優勝、最優秀賞を受けた生徒たちへ、校長先生から表彰伝達が行われました。代表して、最初に表彰された「毎日カップ中学校体力づくりコンテスト優良賞」の表彰の様子を下に紹介いたします。

 

その後、第二学期終業式が始まり、まず校長先生からお話をいただきました。ついで生徒指導部長の先生から、冬期休暇中の過ごし方についてお話していただきました。校長先生のお話にもありましたが、高校3年生は正月返上で大学受験に向けて最後の追い込みをしていきます。良い結果に結びつくことを強く願っています。

 

「毎日カップ中学校体力づくりコンテスト優良賞」は中3生全員でいただいた賞です。

校長先生からは、代表が賞状を受け、その際中3生全員起立して表彰されました。

 

校長先生からお話をいただいています。

生徒指導部長の先生がお話されています。

 

「ビジネスプラン・グランプリ」入選表彰

 日本政策金融公庫「第7回 高校生ビジネスプラン・グランプリ」におきまして,高校1年の瀬川太朗さん,筑波大貴さん(チーム名“飴投機”,プラン名“PARTs ARを用いた新たな芸術体験,コミュニケーション”)が「高校生ビジネスプラン・ベスト100」に入選し,本校で表彰がおこなわれました。ARの技術を用いて絵画を手軽に身近に感じたり,楽しんだりできる画期的なビジネスプランとして高い評価をいただきました。

 

「税についての作文」表彰

令和元年度 中学生の「税についての作文」(主催:国税庁、全国納税貯蓄組合連合会、長崎税務署、長崎税務署管内納税貯蓄組合連合会)において、本校中学3年生の3名が賞を頂きました。

國武さんが長崎税務署署長賞を受賞し、去る11月18日、長崎県庁で行われた表彰式に出席しました。

 

また、山本くん・前田さんが時津町長賞・時津町教育長賞をそれぞれ受賞し、本日本校にて表彰が行われました。以下表彰式の様子を紹介いたします。