開校記念式

10月1日(火)午前9時より速見記念館にて, 開校記念式典が行われました。青雲学園は 開校より45年、多くの先輩方がこの学園で学び、今も各方面で活躍されておられます。そして現在も、後に続くべく在校生たちが切磋琢磨し続けています。今日の式典は、これまでの伝統とこれからの展望を皆が思う、良いきっかけになったと思います。

 

理事長先生の告示の様子です。

 

校長先生が式辞を述べられています。

生徒代表が抱負を述べています。

開校記念式の後、表彰伝達が行われました。水泳で国体入賞の成績をおさめた生徒、および中総体水泳で入賞した生徒の表彰です。

長崎県美術展覧会(県展)で毎日新聞社賞を受けた生徒の表彰です。

さらに後期委員任命式が行われました。後期級長を代表して、高3の生徒が任命状を受けています。

本校生徒が県展に入賞しました。

今月15日より長崎県美術館にて開催中の第64回県展に、青雲高校3年生の海老澤元君の作品「region」が洋画部門で、毎日新聞社賞を授与されましたのでご報告いたします。なお, 今月29日まで、長崎県美術館で展示されたのち、来月3日から13日まで佐世保島瀬美術センター、その後10月17日から27日まで諫早市美術・歴史館で展示される予定です。

 

 

第35回青雲祭

9月8日(日)第35回青雲祭が開かれました。本年のテーマは「黎明」でした。令和の時代を迎え、伝統を受け継ぎつつ、新しい青雲学園を創っていこうという思いのもと、素晴らしい青雲祭であったと思います。開会式の様子を少しですがご紹介します。

 

生徒会役員の司会で、いよいよ青雲祭のスタートです。

 

まず、書道部によるパフォーマンスで幕が開きました。

 

 

全校のクラスで分担して作り上げたモザイクアートが披露されました。

 

続いて、生徒有志による地域伝統芸能「鳴鼓太鼓」の披露です。

 

吹奏楽部による演奏の様子です。

 

最後に、中1の5クラスが順に合唱を披露しました。これは、あるクラスの様子です。

青雲祭設営・準備

 

いよいよ明日に迫った青雲祭準備の様子です。

 

生徒たちは、昼休みや放課後等を使い、準備を進めてきました。

明日の本番に向けて、最後の最後まで生徒たちは一生懸命準備中です。

 

明日は、どうぞお気をつけていらしてください。

たくさんの方のご来場をお待ちしています。

 

 

14年ぶりに復活するエイサー!

かっこいい!思わず足を止めて見入ってしまうほどでした。

 

 

書道パフォーマンスの最終調整中。

毎年大好評の圧巻のパフォーマンスが楽しみです。

 

 

劇等のリハーサルが続いています。どの団体も完成度が高いです!

 

イートン便り(7月29日更新)

本年度も、7月24日 イギリス イートン校に向けて研修に出発しました。無事現地に到着したとの知らせが届きましたので、写真とともにご報告いたします。

 

イートン校の食堂の様子です。

 

 

7月27日:新たに、2枚の写真が届きました。

ある日のスケジュールのようです。

 

7月29日:新たな写真を公開します。

 

 

 

一学期終業式

7月20日(土)午前10時より速見記念館にて、令和元年度第一学期の終業式が行われました。終業式に先立ち、陸上部、水泳同好会、将棋部、ディベート部、そして漢字検定の成績優秀者に対する表彰が行われました。その後終業式が始まり、スクールカウンセラーの金原先生による講話、生徒指導部長のお話、最後に校長先生の訓話を頂いて、式は終了しました。各学年で課外授業が行われます。暑い中ですが、学習にしっかり励んでいきましょう。

 

 

 

 

令和元年度(2019年度)オープンスクール

7月15日(月、海の日)青雲学園オープンスクールが行われました。当日は、前日までの雨模様がうそのように晴れ渡り、青い空の下、たいへん多くのお客様をお迎えすることができました。暑い中ご来校いただき、学園の職員、生徒一同感謝申し上げます。青雲学園の魅力、特色を感じて頂けたのではないかと思っております。当日の様子を、簡単ではありますが、下にお知らせいたします。

 

体育館で受付が始まりました。

誘導係の生徒が、来訪者を食堂に案内しています。

食堂では、昼食のカレーを給仕係の生徒が配っています。

 

在校生や卒業生が、来訪者の質問に答えています。

学園が用意した送迎バスが、到着し始めました。生徒が出迎えています。

ICT体験コーナーも始まりました。

青雲での生活の様々な場面をお見せする、「青雲ダイアリー」です。

 

記念館で全体会が始まりました。今日の司会進行は生徒会役員が行います。

校長挨拶です。

次に、生徒会長の歓迎の言葉です。

次に、生徒代表が青雲学園を紹介します。最初は、中学1年生の代表です。

高校から入学した新高生です。下宿生としての生活を紹介しています。

最後に生徒会副会長が、青雲祭と青雲ラリーについて紹介しています。

全体会の後、体験授業が始まります。全部で13のクラスに分かれて、

それぞれ30分の授業を2コマずつ受けて頂きました。

 

最後は、生徒、職員総出で、送迎バスをお見送りしました。

本日は多くの皆様方に来校頂き、本当にありがとうございました。

 

高校2年 進学講演会

7月9日(火)3~4校時に階段教室において高校2年生を対象に進学講演会を行いました。

北九州予備校から大山純治先生にお越し頂き、「高校生の今だからこそ知ってほしいこと」と題して、お話を頂きました。

大学選びを「投資」に例え、4年間から6年間という自分の人生とお金を投資するに値するのか、今じっくり考えて欲しいと伝えられました。また、高校生ではなく受験生に早くなることが合格するカギだとお話されていました。

まだまだ受験は先のことだと思っている生徒も多くいる高校2年生ですが、進学講演会でのお話はとても良い刺激になったようです。

七夕飾り

 

7月7日は七夕の日です。

校内にも笹が飾られ、生徒が願い事をつづっています。

 

自分の夢や目標を書く生徒や家族や友人の健康を願う生徒・・・

生徒たちの願い事は様々です。

 

1つ目は、進学指導室前にある高校3年生(43回生)の七夕飾りです。

 

 

 

 

 

受験生としての覚悟と強い願いが伝わって来ます。

 

 

「みんなで第一志望に合格しますように!」

学校全体で高校3年生を応援しています。

 

 

 

2つ目は、図書館にあります。

 

 

 

中学1年生から高校3年生の生徒、先生方の願いが込められています。

 

 

生徒一人一人が自己実現に向けて、一歩一歩前へ進んで欲しいと願っています。