青雲祭

9月10日(日)に、第33回青雲祭が行われました。

今年のテーマは「SUN×SUN ~私達の光~」です。

33という数字と、校歌にある「学びの庭は光あり」の「光」をイメージして、

青雲祭実行委員が考えました。

龍踊りや鳴鼓太鼓といった毎年受け継がれている企画はもちろん、

今年は、例年とは一風変わった企画も多く登場し、とても盛り上がりました。

育成会バザーや、いちごの家からのご出店も大盛況でした。

保護者の方や、地域の方のご支援があっての青雲祭だということを

改めて感じました。ご協力ありがとうございました。

 

開会式のスタートです!

書道部の高校2年生。息ぴったりの迫力ある演技を披露してくれました。

 

 

この日までずっと全力で頑張ってくれた、実行委員です!

 

全学級で取り組んだモザイクアートのお披露目です!

 

 

 

 

中学1年生による合唱です。1M1

 

 

1M2

 

 

1M3

 

 

 

1M4

 

 

 

 

ディベート部による、模擬ディベートの様子です。

 

ソーランです。毎日の練習の成果を存分に発揮していました!

 

夏休み中の研修レポートの展示もありました。

 

イートン参加者が毎日つけていた英語日記です。

 

 

見事成功し、幕が下りて黒板アートが表れ、風船が割れました!

 

 

皿屋敷の話をご隠居さんに聞いた後、全員で井戸までお菊さんを見に行きます。

 

「もってこ~いもってこい!」

寮玄関前は「白とっぽ」隊の掛け声が響いていました。

白とっぽ(半被)は、生徒にデザインを募って今年新しく作りました。

 

中学2,3年生による楽隊です。

 

 

 

中学1,2年生のビブリオバトルの様子です。

みな大勢のお客さんの前で、堂々と発表していました。

 

 

 

 

 

 

 

退職された先生が見に来られており、

「鳴鼓太鼓は何度見てもいいねえ」と笑顔でした。

 

 

 

 

 

 

 

閉会式の様子です。

演劇部門、展示部門、ビブリオバトル、合唱コンクールの表彰がありました。

 

物作りやパフォーマンス、仲間との共同作業を通して、

この子にこんな才能があったんだ!という嬉しい発見の連続で、

互いに良い刺激を与えあっていたようです。

 

 

 

2学期始業式・課題考査

昨日9月1日から、2学期が始まりました。

生徒たちは、始業式で校長先生のお話を聞いたあと、課題考査を受けました。

今学期は、行事も多く学年の結束が強まる季節です。

また、高校3年生は受験に向けていよいよ正念場を迎えます。

新たな気持ちで今学期も頑張ってほしいと思います。

 

表彰式です。夏休み中も、たくさんの生徒たちが活躍していました!

 

校長先生のお話。

年度の中間であり最も長い2学期という時を、学年ごとに先を見据えて、

今やるべきことを考えて充実させてほしいと述べられました。

 

 

 

午前中で学校を終え、昼食を食べたら寮生は夕方まで自習です。

写真は中学1年生の様子です。

先生の監督のもと、明日の科目を必死に勉強しています。

平成30年度中学校・高等学校の生徒募集について

平成30年度の入学試験を以下の通り実施致します。

中学校:平成30年1月6日(土) 本校・福岡市・那覇市の3会場で実施

高等学校:平成30年1月7日(日) 本校・福岡市の2会場で実施

中学校の募集要項はこちらを、高等学校の募集要項はこちらをご覧下さい。

 

また、募集要項のご請求は、こちらの請求フォームでどうぞ。

 

よろしくお願い致します。

オープンスクール

7月16日(日)に本校オープンスクールが実施されました。

今年は1300名以上の方にお越しいただきました。

この場をお借りして御礼申し上げます。

本日は在校生に受付や誘導、青雲diaryのパネル作成やQ&Aコーナーなど、

様々な仕事を立派に果たしてもらい、

卒業生にもQ&Aスタッフとして協力してもらいました。

また、寮の見学にもたくさんの方にご参加いただき、

ありがとうございました。

当日の様子をお伝えいたします。

 

今日1日、誘導係として大活躍してくれた高校1年生

 

まず最初に、体育館で中学3年生が受付をし、

 

そのまま寮の食堂へご案内します

 

お昼ご飯は、寮生の大好きなカレーです

 

お昼を食べたら、高校2年生によるQ&Aコーナーや

 

 

 

青雲の春夏秋冬を中学2年生が紹介する”青雲diary”、

 

 

電子ペンなどICT機器を体験できるコーナーなどを

自由に「さるいて」いただきます

※「さるく」・・・長崎の方言で「まちをぶらぶら歩く」という意味

 

午後の全体会は、圧巻の書道パフォーマンスで幕を開けました

 

 

校長先生のお話

 

生徒会長のお話

 

在校生による学校紹介

 

今日のためにかけつけてくれた卒業生の紹介

 

全体会の後は、授業体験です。

 

 

 

 

もちろん、中学3年生向けの授業もあります

 

最後は、生徒・先生総出で、バスをお見送りしました

次は、先輩・後輩として、学校で再会できますように!

 

 

1学期終業式

7月15日(土)に終業式が行なわれました。

同時に表彰伝達式、スクールカウンセラー金原先生のお話と、

夏休み期間中の生活についての注意がありました。

 

体育部関連の表彰です。陸上、水泳、新体操の表彰がありました。

 

文化部関連の表彰です。囲碁、将棋、ディベート、中学漢検が表彰されました。

 

金原先生はご自身の在米時代の交友関係に触れ、

「人間関係は大切で、将来どんな形で今の周りの方と接するか分からないから、

今は誠実に人と接して欲しい」ということを伝えられました。

金原先生の、ユーモアに富み、緩急のついたお話には、

いつも皆、一瞬で引き込まれてしまいます。

 

「夏休み期間中の生活について」は書面にて配布しております。

ご家庭でも今一度ご確認をお願い致します。

夏休みは得意科目を伸ばし、不得意科目を克服する絶好の機会です。

有意義に過ごしてほしいと思います。

 

校長は訓話の中で、福岡・大分での大雨による土砂災害に触れ、

命の尊さを改めて自覚してほしいと話しました。

また、将棋の連勝記録更新で話題となった藤井四段のお母様の

「将棋だけではだめ、普段の仕草から大事」という言葉を伝え、

普段の生活を見直し、誰かのために率先して行える青雲生になってほしいと話しました。

第43回 体育大会

4月29日(日)に、第43回体育大会が行われました。

生徒たちの日頃の行いのおかげか、天気は快晴で、絶好の体育大会日和となりました。生徒たちはみな真剣に競技に取り組み、頑張る仲間に大きな声援を送っていました。結果は白軍の勝利でしたが、両軍ともに最後の最後まで一歩も譲らず、記憶に残る大会となったことでしょう。暑い中、遠方からもたくさんの方にご来場いただき、本当にありがとうございました。

 

開閉会式と行進では、吹奏楽部が演奏します。

中学1年生による選手宣誓

障害物競走です。麻袋に入ってジャンプで進め!

短距離走ではみな、一瞬に全力を込めて駆け抜けます。

今年も高校2年生のたくましい「エッサッサ」に、会場が沸きました。

紅軍の応援看板

白軍の応援看板

高校生女子はこの日のために放課後も使って一生懸命ダンスの練習をしていました。

棒引きはスピードとチームワークが試されます。

 

新種目、ボールでポン!シーソーで飛ばしたボールを…

パートナーが網でキャッチします。ナイスキャッチ!

リレーは特に白熱します。

中学3年生による剣道です。剣道部の2人が立会を披露してくれました。

高校1年生による行進です。綺麗な十字のまま回転しています。

紅白対抗玉入れです。これが意外と入らず、みんな必死!

中学2年生は体育で練習した柔道のお披露目です。

高校3年生と保護者の方によるフォークダンスです。これまで立派に育ててくれた感謝の気持ちを込めて、お父さん、お母さんを優しくエスコートします。

替わって中学1年生の集団行動では、あどけなさの残る生徒たちの一生懸命な姿に、思わず笑顔になります。

お昼ご飯の後は、いよいよ、青雲名物の入場行進です。どのクラスも、自分のクラスが一番!と信じ、一心に腕を振りました。

高校3年生にとっては、最後の行進。迫力が違います。

紅軍の応援です。応援団の息の合った演舞に、運動場が緊張感に包まれます。

白軍の応援です。複雑な隊形移動も、寸分違わず決まりました!

部活対抗リレーも、特に応援に熱の入る競技です。部の結束が一段と高まりました。

紅白対抗綱引き。シンプルですが、勝つには全員の協力が不可欠です。

高校生男子全員による棒体操は、プログラムのフィナーレを飾るにふさわしい、圧巻の演技でした。

校長先生から、優勝した白軍の団長に優勝旗が渡されます。