第42回 青雲中学校 卒業証書授与式

 

一層春色が濃くなり、心が躍る季節になってまいりました。

明るい春の日差しが、今日という日を祝っているかのようです。

 

3月16日(土)、第42回 青雲中学校 卒業証書授与式が挙行されました。

 

中高一貫校である本校の中学卒業式は、

自身の中学校生活をふり返ると同時に、高校生活への決意をする日でもあります。

 

また、4月からスタートする高校生活への期待でいっぱいの45回生は、

高校から入学する仲間が増えることも楽しみにしているようです。

 

 

3年前の入学式で出会った45回生。心も体も成長し、堂々と入場。

 

 

 

担任の先生が卒業生ひとりひとりを呼名します。

 

 

 

 

 

 

生徒たちは卒業の喜びと、どんな素晴らしい前途が待っているのかと

期待に溢れています。

 

 

 

 

 

 

卒業証書授与

 

 

 

45回生全員に卒業証書が授与されました。

 

 

 

校長式辞

 

 

 

育成会会長祝辞(白髭様)

 

 

 

卒業生決意表明

 

 

 

中学3年生担当の先生方(最前列)

 

 

 

最後の一人まで堂々とした姿で退場しました。

 

 

「自分で考える」ことを学年目標とし、何事にも前向きに挑戦して

一人ひとりが様々な場面で活躍をしている45回生の皆さん、

ご卒業おめでとうございます。

 

45回生の今後さらなる飛躍を期待しています。

 

 

第42回 青雲高等学校 卒業証書授与式

 

2月22日(金)、本校速見記念館において厳粛な雰囲気に包まれるなか、

第42回 青雲高等学校 卒業証書授与式が挙行されました。

 

多くの御来賓、保護者の方々に御出席いただき、

心温まる御祝辞・送辞・答辞が述べられ、感動的な式でした。

 

大学入試を控える卒業生にとっては、卒業式であると同時に、出陣式でもあります。

未来へ羽ばたく決意が感じられる卒業生全員の晴れやかな顔が印象的でした。

 

 

 

 

卒業生入場。体育大会の行進を彷彿させる堂々とした姿に胸が熱くなります。

 

 

卒業証書を授与される一人ひとりが呼名されます。

 

 

卒業証書授与

 

 

校長式辞

 

 

理事長告辞

 

 

来賓祝辞(育成会会長  白髭様)

 

 

在校生総代送辞

 

 

 

 

卒業生総代答辞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業生保護者代表 謝辞

 

 

高校3年生担当の先生方

 

 

学園生活最後となる校歌斉唱

 

 

 

 

力強く、前へ一歩を踏み出し、学び舎を巣立っていきました。

 

 

 

 

式の後、保護者の方に見守られながら最後のホームルームがありました。

 

 

 

 

担任の先生より一人ひとりに卒業証書が授与されました。

 

 

一人ずつ前に立ち、最後のあいさつをしました。

 

 

 

 

 

青雲での生活や仲間・先生方、保護者の方への感謝の思いが溢れ出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

中庭の桃の蕾が、新生活に期待する卒業生の心と同じように膨らんでいました。

42回生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

今後益々のご活躍を期待しております。

 

「科学の甲子園」長崎県代表校選考会

平成30年度「科学の甲子園」全国大会長崎県代表校選考会(主催:長崎県教育委員会、長崎大学)が、長崎県内から青雲を含めて7高校(9チーム)が参加して、11月17日(土)に長崎大学で行われました。青雲からは高校2年生の青雲Aチームと高校1年生の青雲Bチームが参加しました。

結果は、青雲Aチームが優勝し3月の全国大会に長崎県代表校として参加することになりました。青雲Bチームも健闘し第3位という成績を収めました。両チームともに良い雰囲気の中で、チームワークを上手に発揮していました。青雲高校の全国大会出場は2年連続になります。

選考会では、午前中は筆記競技(理科、数学、情報からの出題で所要時間120分、配点600点)、午後は実技競技(製作所要時間40分)が行われ、両競技の合計点で最終成績が算出されます。

 

なお、午後からの実技競技の課題は「シャトルを飛ばせ!」というものでした。これは、指定された材料を使ってバドミントンのシャトルを輪ゴムの力で発射する装置を製作し、180cmの壁を飛び越えて4m先にある的に正確に着地させるというものでした。発射点から着地点は見えないようになっているので、正確にシャトルを飛ばすためには綿密な工夫が必要です。

この競技で他を圧倒したのが、青雲Aチームでした。本番では3回発射して3回共に100点満点というすばらしい記録を出しました。(なお、試射もすべて100点の的に着地させていました。)壁を越えられなかったり、上手く的に落とせないチームが多い中、青雲Aは堂々の300点、青雲Bも260点という優秀な結果を収めました。

 

全国大会に参加するAチームは、2015年に全国第6位(インテル賞)を受賞した先輩方を上回る成績を目標にがんばってほしいと思います。また、Bチームは来年の全国大会出場を目指して、日頃の研鑽に力を注いでほしいと思います。

 

優勝した青雲高校Aチームです。

 

Aチームが表彰を受けています。

 

第3位となったBチームです。

 

実技競技に臨むBチームの様子です。

第34回 青雲祭2

9月9日(日)に行われた青雲祭の様子を引き続きお伝えします。

 

書道部による書道パフォーマンスです。

 

詩吟に合わせて書いています。

 

このような大きな作品を完成させました。会場からは大きな拍手が!!

 

 

 

書道部の作品

 

写真部の作品

 

 

 

ディベート部は、ディベートの楽しさを模擬試合を通して伝えています。

 

高校ディベート部は例年よりも大きな会場(階段教室)で行いました。

 

今年は、なんと先生方とディベートです。

 

素晴らしい議論が繰り広げられていました。

 

 

 

初めて出会った人とも、囲碁・将棋を通じて仲間になれました。

 

 

 

 

みんなで百人一首!

 

「Quiz Station 2018」は真剣勝負!

 

 

ビブリオバトルです。大勢の方の前で、堂々と発表していました。

 

 

 

ウクレレとギター弾き語りの歌声は美しかったです。

写真は、「昭和歌謡のウクレレリサイタル」の様子です。

 

 

サイエンス部では、口の中の細胞を見る体験コーナーがありました。

「この細胞のおかげで君は生きているんだよ!」という一言に思わず目がまん丸に!

「君にはまだ難しいかなぁ?もう少し分かりやすく説明してみるね!」

と中学2年生がとても優しく、丁寧に説明していました。微笑ましい光景でした。

 

 

 

首都圏研修・シドニー語学研修・イートン語学研修の展示もありました。

 

語学研修で学んだことの中に「英語は勇気!」との一言も。

 

 

 

アイディアや工夫がいっぱい詰まった各クラス企画。

クラス・学年を越えて魅了され、笑顔が溢れていました。

 

 

 

いちごの家の皆様、毎年ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

青雲祭実行員です。青雲祭を成功させようと、積極的に動いてくれました。

 

 

 

閉会式では、校長先生に講評をいただきました。

 

実行委員長からの挨拶です。

 

 

生徒たちは課外活動を通じ、仲間の大切さやクラス・団体が一丸となって

一つのことへ向かうことの素晴らしさを感じられたようです。

たとえ上手くいなくても、そこから得られる達成感や成就感を大切にして、

次の成長へと繋げて欲しいと願っています。

 

当日は雨の中、青雲祭へお越しいただき、ありがとうございました。

 

第34回 青雲祭1

 

9月9日(日)に第34回青雲祭が行われました。

 

今年のテーマは「未踏」です。

今までになかった企画を展示・発表し、

新たな一歩を踏み出して、より良い青雲祭にしようという思いを込めて

青雲祭実行委員が考えました。

 

テーマにあるように、今年は新規企画や復活企画もあり、とても盛り上がりました。

また、龍踊りや鳴鼓太鼓といった毎年受け継がれている企画はもちろん、

育成会バザーや、いちごの家からのご出店も大盛況でした。

 

保護者の皆様や地域の方々のご支援があっての青雲祭だと改めて感じました。

ご協力ありがとうございました。

 

 

書道パフォーマンスが開会式のスタートをきりました!

 

 

今年初企画である青雲祭実行委員による映像企画です。

 

 

迫力満点の鳴鼓太鼓。

圧巻のパフォーマンスに会場の皆が息をのみます。

バックにあるのは、生徒全員で作り上げたモザイクアートです。

 

 

リズミカルな吹奏楽部の演奏と共に会場が一つになりました。

 

 

 

 

中学1年生による合唱コンクール。

1年生らしい、はつらつとした歌声がすてきでした。

緊張したかもしれないけれど、47回生よく頑張りました!

 

中学1年4組『君とみた海』

 

中学1年3組『花になれ』

 

中学1年1組『Gifts』

 

中学1年2組『ヒカリノアトリエ』

 

 

中学1年5組『この地球のどこかで』

 

 

 

午前中はあいにくの雨だったため、龍踊りは体育館で披露しました。

 

楽器隊の音楽も高らかに響き渡ります。

 

「もってこーい!もってこい!」の掛け声が鳴り止みません。

 

皆の願いが通じて雨が上がったため、外で披露することも出来ました。

 

 

何度も何度も「もってこーい!」の声援に応え、

懸命に龍踊りをする生徒にジーンと胸が熱くなりました。

生徒の一生懸命さ、素晴らしいです!

 

 

曇り空を吹き飛ばすような「ソーラン!ソーラン!」の声と圧巻のパフォーマンス。

 

この日のために、こだわって練習を重ねてきました。

 

怪我のために出れなくても、心は一つです。

 

 

可愛くもあり、かっこよくもあるダンスメドレーでした。

 

 

中学の各教室には夏休みの自由研究や授業等の作品が並んでいます。

 

中学1年生の教室です。

 

机には、数学の夏季課題「正多面体を作ろう」が並んでいます。

丁寧に、一生懸命作ったことがよく伝わってくる作品ばかりです。

 

 

 

こちらは、中学2年生の教室。

 

家庭科の夏季課題「バランスの良い昼食作り」のレポートが展示されています。

栄養のバランスを考えての献立作りは難しそうでしたが、どれも美味しそうでした。

 

一針一針、丁寧に仕上げた家庭科被服作品「刺し子」

 

面白いテーマと内容の濃い自由研究がたくさんありました。

 

 

中学3年生の教室には、書道や美術の作品が展示されています。

 

 

 

青雲祭の様子、まだまだ続きます。

「第34回 青雲祭2」のページをぜひご覧ください。

 

 

 

2019年度生徒募集要項請求開始のお知らせ

かねてよりお知らせの通り、来年度の青雲中学校・青雲高等学校(一般入試および特別専願入試)は以下の日程で実施されます。

 

中学校一般入試    :平成31年(2019年)  1月  5日(土)会場 ‥‥ 本校、福岡市、那覇市

高等学校一般入試   :平成31年(2019年)  1月  6日(日)会場 ‥‥ 本校、福岡市

高等学校特別専願入試    :平成30年(2018年)12月23日(日)会場 ‥‥ 本校

 

加えて、募集要項が出来上がりました。ご覧になりたい方、ご請求されたい方はこのページ上方の「入学のご案内」からお願い致します。

イートンサマースクール2018

今年も7月24日(火)より3週間の日程で、英国を代表するパブリックスクールであるイートン校が主催するサマースクールが開かれています。本校からも中学三年生の希望者が参加しています。一行は7月23日(月)長崎空港を出発し、羽田空港を経由してロンドンヒースロー空港に到着、無事に目的地のウィンザー郊外にあるイートンカレッジに到着いたしました。参加者全員、元気でサマースクールでの活動を楽しんでいる様子が、写真で送られて参りました。以下にご紹介いたします。

 

長崎空港での出発式です。

 

 

ウェルカムミーティングの様子です。

 

最初の夕食です。(時差ボケで疲れ気味です。)

 

ハウス前での避難訓練の様子です。

 

アクティビティーの様子です。

 

イートンカレッジのキャンパス散策です。

 

テムズ川のほとりで(イートンとウィンザーを結ぶイートン橋を背にして)

 

男子グループの記念撮影

 

ウェルカムディナーを前に、サマースクールに参加した他校生との語らいの様子です。

 

 

ウェルカムディナーです。

 

イートン校のカレッジホールです。

 

食事は全員でとります。

 

ハンプトンコート宮殿の前にて。

 

女子も同じく記念撮影です。

 

 

 

ハンプトンコート宮殿の庭園散策をしています。

 

 

先日に引き続き、新しい写真を紹介します。今回は、ハリーポッターミュージアムの見学の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業風景です。

 

平成31年度(2019年度)入学試験日程のお知らせ

本校の平成31年度入学試験を次の通り実施いたします。

なお、募集要項はこのページ上方の「入学のご案内」よりご覧になれます。

 

 

中学校一般入試     :平成31年(2019年)  1月  5日(土)会場 ‥‥ 本校、福岡市、那覇市

高等学校一般入試   :平成31年(2019年)  1月  6日(日)会場 ‥‥ 本校、福岡市

高等学校特別専願入試:平成30年(2018年)12月23日(日)会場 ‥‥ 本校