薬物乱用防止講話

7月10日(火)7校時に、1号棟階段教室にて、高校一年生を対象とした薬物乱用防止のための講演が行われました。講師の先生は、本校15回生で薬剤師の古木寿人さんで、現在薬局を経営されるかたわら、本校の学校薬剤師をして頂いています。

講演はまず、薬の正しい利用法のお話からはじまり、さらに覚醒剤や大麻などの危険な薬物がいかに人生を破壊するか、という恐ろしくも大切なお話をして頂きました。最後に生徒代表からのお礼の挨拶で講演が終了いたしました。生徒たちも、なんとなく耳にしたことはあっても、専門のお立場の先生から正しい知識を聞かせて頂けたことは貴重な経験だったように思います。