第68回郡市対抗県下一周駅伝大会

 

2月17日(日)に開催された長崎県の「郡市対抗県下一周駅伝大会」に

高校2年 中村綺宥さんが西彼杵郡・西海市チーム代表として出場しました。

中村さんは最後のアンカー区間(5キロ)を区間5位で走りました。

 

中村さんは

「優勝できなくて悔しいけれど、自己ベストタイムを更新できて嬉しかったし、

たくさんの方に応援して頂いたことに感謝しています。」と話していました。

 

 

 

 

卒業生に贈る餅つき

 

2月21日(木)に、毎年恒例の餅つきが行われました。

卒業する高校3年生に贈るためのもので、杵をふるうのは高校2年生です。

 

 

会場準備中

 

 

各クラス4kgのもち米を3回・・・計12kgのもち米を3人1組でついていきます。

 

 

熱々のもち米にお湯を加えながらつきます。これが意外と難しい!

 

 

お餅を丸めるチームがお餅がつきあがるのを待っています。

準備万端です!

 

 

「先輩、部活で素敵だったなぁ」「下宿で励ましてくれたこともあったなぁ

と丸めながら、お世話になった先輩方との思い出話に花が咲きます。

 

 

紅白饅頭に見えるようにするため、今年は赤いラップが新登場!

 

 

箱に入れ、卒業生へのメッセージカードを添えます。

 

 

生徒たちは粉まみれになりながらも、心を込めて作っていました。

想いがこもったお餅が無事完成しました!

 

第42回 青雲高等学校 卒業証書授与式

 

2月22日(金)、本校速見記念館において厳粛な雰囲気に包まれるなか、

第42回 青雲高等学校 卒業証書授与式が挙行されました。

 

多くの御来賓、保護者の方々に御出席いただき、

心温まる御祝辞・送辞・答辞が述べられ、感動的な式でした。

 

大学入試を控える卒業生にとっては、卒業式であると同時に、出陣式でもあります。

未来へ羽ばたく決意が感じられる卒業生全員の晴れやかな顔が印象的でした。

 

 

 

 

卒業生入場。体育大会の行進を彷彿させる堂々とした姿に胸が熱くなります。

 

 

卒業証書を授与される一人ひとりが呼名されます。

 

 

卒業証書授与

 

 

校長式辞

 

 

理事長告辞

 

 

来賓祝辞(育成会会長  白髭様)

 

 

在校生総代送辞

 

 

 

 

卒業生総代答辞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業生保護者代表 謝辞

 

 

高校3年生担当の先生方

 

 

学園生活最後となる校歌斉唱

 

 

 

 

力強く、前へ一歩を踏み出し、学び舎を巣立っていきました。

 

 

 

 

式の後、保護者の方に見守られながら最後のホームルームがありました。

 

 

 

 

担任の先生より一人ひとりに卒業証書が授与されました。

 

 

一人ずつ前に立ち、最後のあいさつをしました。

 

 

 

 

 

青雲での生活や仲間・先生方、保護者の方への感謝の思いが溢れ出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

中庭の桃の蕾が、新生活に期待する卒業生の心と同じように膨らんでいました。

42回生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

今後益々のご活躍を期待しております。

 

記念品贈呈式・同窓会入会式

2月21日(木)は、高校3年生の卒業式予行練習の後、

記念品贈呈式と同窓会入会式が行われました。

 

記念品贈呈式では、卒業生からの記念品として

「記念樹(さくら, こぶし)・テント・ 教育機器」の贈呈がありました。

在校生・職員一同、大切に使わせていただきます。

ありがとうございます。

 

また、各団体・連盟からの表彰伝達もあり、三名の卒業生が表彰を受けました。

 

そして、同窓会入会式では、19回生の手塚様より歓迎のお言葉をいただきました。

 

 

記念品目録贈呈

 

 

学校長謝辞

 

 

長崎県高等学校体育連盟からの表

 

 

長崎県高等学校文化連盟からの表彰

 

 

長崎県私立中学高等学校協会からの表彰

 

 

19回生手塚様より歓迎のお言葉

 

 

 

 

卒業後も同窓会を通して、切磋琢磨しあった級友との繋がりを絶やさないと共に、

先輩や後輩たちとの新たな人脈を築いて欲しいと願っています。

 

スポーツ奨励顕彰受賞

平成30年度長崎県スポーツ奨励顕彰を本校中学3年生の小関葵さんが受賞しました。

これは、平成30年度九州中学校体育大会水泳競技において女子100m・200m平泳ぎで優勝した功績に送られたものです。

九州中学で二種目優勝後、全国中学にも出場し、福井しあわせ元気国体には長崎県代表として出場しました。そして、少年B女子100m平泳ぎにおいて6位入賞を果たしました。

これも、日頃より温かい声援を送ってくださる皆さまのお陰と思っております。今年度も応援ありがとうございました。

これからも文武両道に励む小関さん、そして青雲水泳同好会をどうぞよろしくお願いします。

(水泳同好会顧問)