本校生徒が県展に入賞しました。

今月15日より長崎県美術館にて開催中の第64回県展に、青雲高校3年生の海老澤元君の作品「region」が洋画部門で、毎日新聞社賞を授与されましたのでご報告いたします。なお, 今月29日まで、長崎県美術館で展示されたのち、来月3日から13日まで佐世保島瀬美術センター、その後10月17日から27日まで諫早市美術・歴史館で展示される予定です。

 

 

第35回青雲祭

9月8日(日)第35回青雲祭が開かれました。本年のテーマは「黎明」でした。令和の時代を迎え、伝統を受け継ぎつつ、新しい青雲学園を創っていこうという思いのもと、素晴らしい青雲祭であったと思います。開会式の様子を少しですがご紹介します。

 

生徒会役員の司会で、いよいよ青雲祭のスタートです。

 

まず、書道部によるパフォーマンスで幕が開きました。

 

 

全校のクラスで分担して作り上げたモザイクアートが披露されました。

 

続いて、生徒有志による地域伝統芸能「鳴鼓太鼓」の披露です。

 

吹奏楽部による演奏の様子です。

 

最後に、中1の5クラスが順に合唱を披露しました。これは、あるクラスの様子です。

青雲祭設営・準備

 

いよいよ明日に迫った青雲祭準備の様子です。

 

生徒たちは、昼休みや放課後等を使い、準備を進めてきました。

明日の本番に向けて、最後の最後まで生徒たちは一生懸命準備中です。

 

明日は、どうぞお気をつけていらしてください。

たくさんの方のご来場をお待ちしています。

 

 

14年ぶりに復活するエイサー!

かっこいい!思わず足を止めて見入ってしまうほどでした。

 

 

書道パフォーマンスの最終調整中。

毎年大好評の圧巻のパフォーマンスが楽しみです。

 

 

劇等のリハーサルが続いています。どの団体も完成度が高いです!