高校1年生家庭科調理実習

今週、11月25日(月)、27日(水)、29日(金)に、高校1年生を対象に、魚調理実習を行いました。これは、長崎県魚市場協会「ながさきのおいしい魚推進事業」のご協力のもと、講師の先生お二人に来校して頂いて、講義と実技指導をしていただくものです。まず講義を受けた後、用意して頂いたアジを三枚におろして刺身をつくる実演をしていただき、生徒たちが各々自分で刺身をつくって試食するまでを体験しました。多くの生徒が初めての経験だったようですが、皆器用にアジをさばいて、最後はおいしく頂きました。

以下、29日(金)の実習の様子を紹介いたします。

 

講師の先生方が紹介されています。

 

大変立派なアジをもってきていただきました。

 

まず、講師の先生による実演と説明です。生徒たちも熱心に見ています。

 

いよいよ実習の始まりです。うろこを取って頭を切り落としています。

 

内臓を除いて、洗っています。

 

三枚におろしています。手際がいいですね。

 

さくに切り分けて、いよいよお刺身にしていきます。

 

きれいに出来上がってきました。

 

おいしそうな刺身がもうすぐ完成です。盛り付けもきれいです。

 

後片付けを終えて、最後にみんな揃って頂きました。美味しい!

 

 

 

高2、OB講話

11月26日(火)に本校9回生で長崎大学副学長をされている阪倉良孝先生に、高校2年生を対象とした講話を行っていただきました。

うなぎの「レプトケファルス」の写真から講話は始まり、先生の専門分野である、海洋生物の調査・研究についてお話されました。うなぎの産卵場所を特定するという研究の過程を詳しく紹介していく中で、大学で学ぶということ、研究するということとはどういったものであるのかを、またどんな知識や能力が必要なのかを、進路選択の最中である生徒に伝えられました。

時折、笑いも起こり、生徒たちも興味を持って聞いていました。終わりに質疑応答にも丁寧にお答え頂き、生徒にとって、とても有意義な時間となりました。

高1、主権者教育

11月26日(火)7校時、1号棟階段教室にて高校1年生を対象にした、主権者教育のための講話が行われました。選挙権年齢が18歳になり、高校3年の時点で有権者となる生徒もおります。

時津町選挙管理委員会および時津町役場から講師の先生方に来ていただき、啓発を行う趣旨で数年前より実施しています。実際の投票箱なども持参して頂き、資料も生徒一人一人に配って頂いたうえで、わかりやすく説明して頂きました。

メモを取る生徒もおり、真剣に受講していました。