第33回 青雲ラリー

10月31日(木)から11日1日(金)にかけて、第33回青雲ラリーを行いました。

男子生徒は42.5km、女子生徒は39kmの長距離を途中のチェックポイントで休憩をとりながら歩きます。高校2年生のリーダーを先頭に、高校1年生のサブリーダーを最後尾に、中学1年生から高校2年生までの20名程度のチームで競います。

全行程における標準時間の合計は男子12時間、女子11時間と設定されています。標準時間との差を1分あたり1点を減点し、減点が小さいチームが上位となるよう順位をつけます。

まず、出発前に荷物チェックがあり、指定の所持品を持っているかを確認してもらいます。忘れ物があれば減点され、遅刻や当日不参加も減点となります。

 

 

校長の合図で最初のチームが出発します。無事の完歩を願い、体育館にいる職員全員が拍手で送りだします。歩き出してすぐの生徒たちには余裕の様子です。

 

 

 

男子生徒に続き、女子生徒も出発しました。最終チームが出発する頃には外は真っ暗です。

 

10月31日に出発ということで、会場の準備をした実行委員の遊び心も感じられました。