生徒会役員退任式、生徒会新役員任命式

11月20日(金)授業開始に先立ち、第8代生徒会役員の退任式と第9代役員の任命式が放送で行われました。新しい役員9名は、今週16日(月)立会演説会の後の投票によって選ばれ、本日任命式を迎えたものです。全校生徒が各教室で待機する中、まず第8代の現生徒会長が、役員を代表して退任の挨拶を述べ、その後、新生徒会長が挨拶を述べました。そして校長先生から新役員に任命状が渡され、校長先生が生徒たちへお話をされました。

第8代の生徒会役員の皆さん、この1年間の生徒会活動、とても大変だったと思います。皆さんに労いと感謝を伝えたいと思います。有難うございます。

そして、第9代の生徒会役員の皆さん、これまでの生徒会の成果を継承しつつ、さらなる青雲学園の発展のために、生徒代表の立場から貢献してくれることを期待しています。

 

 

中学二年生 美術鑑賞会

11月18日(水)中学二年生は、「美術館の作品を満喫しよう!」と題して、長崎県美術館にて美術鑑賞会を行いました。常設展示されているスペイン美術、県民ギャラリーの作品を鑑賞を通じて、芸術に対する興味関心を高める目的なのですが、今回は〈長崎OMURA室内合奏団〉からバイオリニストとピアニストの方々に来ていただき、スペインや長崎にゆかりのある曲のミニコンサートを開いていただきました。新型コロナウイルス感染症の影響もあり、体験型の学習機会を設けにくい中、美術鑑賞と音楽鑑賞をセットにして、本物に触れる経験ができたことは、生徒たちにとっても大変意義深いことであると思います。

その他、長崎県美術館のご協力のもと、スクールプログラムによる少人数の鑑賞会、館内でのスケッチ、バックヤード見学や学芸員の方による作品の解説講座、アートカードゲームなど様々に充実した体験をさせていただきました。長崎県美術館の皆様、ありがとぅございます。

以下に、鑑賞会の様子を少しだけですがご紹介いたします。