青雲学園の教育

青雲学園の教育

1
中高一貫教育の利点を活かして
3
  • 中学校からの入学者に対しては、6か年を見通した独自の教育課程を編成し、学習効果をあげています。
  • 中学校においては、教材の精選をはかることで、徳育や体育の充実をめざし、ゆとりのある教育を実現しています。
  • 中学2年生で中学校の課程を、高校2年生で高等学校の課程をそれぞれ終了し、高校3年生では、演習中心の授業を行って大学受験に備えています。
  • 高等学校からの入学者に対しては、青雲中学校からの進学者との学習進度の差を、約1年間でなくすように指導を行い、2年生で両者をまぜた文理別のクラス編制を行っています。










  • 国数英だけでなく体育の時間も多いため体力向上
  • 柔道剣道が全員必修で礼・徳育を学ぶ
  • ボランティア活動
  • 読書の時間
  • 英検、漢検、国語力検定
  • 新入生合宿、社会見学、修学旅行
  • 中学課程修了





高一
  • 習熟度別授業(国数英)で徹底した基礎力の充実と応用力の向上
  • 進路選択、志望の確立のためのOB講話、首都圏研修(官庁やJAXA)、イートン校研修、東大Live講座(H24)
  • ネイティブによる国際理解の時間

展期
高二
  • 文理別の授業
  • 習熟度別、選択科目別授業
  • 放課後の難関大ゼミ
  • 高校課程の修了
高三
  • 志望コース、志望校別授業
  • 8時間授業

豊かな心を育てる
ボランティア活動や行事などの体験型の教育を通して徳育に力を注ぎ、自己抑制力と基礎的習慣の躾に努めています。
道徳の授業や外部講師による講演会や芸術鑑賞会がひろい心を育む場となっています。