青雲中学校の特色

1
3年間の体験活動
3
中学1年生の活動へ

  • 新入生合宿
  • スケッチ大会
  • 長崎歴史探訪
中学2年生の活動へ

  • スケッチ大会
  • 修学旅行
  • 美術鑑賞会
中学3年生の活動へ

  • ボランティア清掃
1
基礎学力の充実と応用力の向上
3

青雲中学校では「知・徳・体の調和の取れた全人教育」のために、すべての教科の基礎学力の充実をはかり、考える力と応用力の向上を目指しています。

  • 中学1年の導入期にはまず、学習の習慣化を図ります。すべての活動を通して、これからの生活態度や中学校での学習法を指示し自ら学ぶ姿勢を身に付させます。寮生に対しては、寮の先生方と共に学校の先生方が学習アドバイザーとして助言を与えます。
  • 英語、数学、国語を中心とした基礎教科には、十分な時間をかけて内容の充実をはかり、学力の向上に努めています。
  • 理科、社会については、実験や教材の工夫を通して、全ての専門分野の基礎学力充実をめざしています。
  • 中学3年生では、英語、数学、国語において習熟度別授業を実施して、基礎学力の充実と応用力の向上をはかっています。
  • 武道(柔道・剣道)の授業を必修としています。これは体位の向上にとどまらず、礼儀作法の習得にも大いに役立っています。
  • 英語の語彙力を競うスペリング・コンテスト(年2回)を通して、早期の英語力向上をめざしています。
  • 本校生徒は、英語能力に関して最も公的に通用する資格である文部省認定実用英語技能検定試験(英検)を積極的に受験しています。中学1年で4級を、中学2年で3級(中学卒業程度)をほぼ全員が取得しており、中学3年では2級(高校卒業程度)を取得する生徒もいます。また高校生には準1級(大学教養課程修了程度)取得者がいます。例年、中学校・高等学校ともに「優良団体賞」を受賞していますが、平成6、11、13、14、15、17、18、21、22、23年度には中学校、平成7、14、20年度には高等学校が「優秀団体賞」を受賞。平成16年度には、中学校が最優秀賞にあたる「文部科学大臣奨励賞」を、平成21年度には中学3年の生徒が「準2級米国大使賞」を受賞し話題となりました。