トップ合宿

 

3月17日(木)~3月20日(日)まで、3泊4日で新高1、高2がトップ合宿に参加しました。

英語、数学の学力強化を目的とし、様々な大学入試に取り組んだり、OBの方々の話を聞いたりしました。

 

1日目には、37回生の須賀原修さん、2日目には17回生の木下健太郎さん、3日目には35回生の瀬戸口大地さんに来ていただき、学習についてや学生生活、お仕事に付いて貴重なお話しをしていただきました。

入試を意識して緊張感を持って学習し、近くで勉学に励む仲間の姿に感化され鉛筆を動かすその姿は青雲の志を抱く若人そのものです。

また、お散歩の時間にはあぐりの丘まで行き、山の丘の新鮮な空気を吸ってリフレッシュしていました。

新たな決意とともに新学期を迎える一つの準備ができたように思います。

多くの方々に支えていただきありがとうございました。

 

以下に合宿の様子を掲載します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月定期

 

3月7日(中学1年生は8日)より、3月定期考査がはじまりました。

今年度最後の定期考査ということもあり、生徒らの気合はなみなみならぬものです。

「はじめ!」の合図で皆勢いよくプリントをめくり、ペンを走らせていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定期考査は11日(金)まで。インフルエンザが流行している学年もありますが、最後まで元気に考査に取り組んでほしいと思います。

高校2年生 色紙書道展

 

3月4日から4月中旬にかけて、高校2年生書道選択者による色紙書道展が本校図書館にて開催しております。

色紙に漢字一文字を工夫をこらして書いております。構図を工夫している生徒、色を使う生徒、グラデーションを楽しむ生徒と、さまざまな工夫が見られます

若い感性であふれる書道作品。ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寮秋祭

 

10月8日、無事に全学年の定期考査(高3生は校内模試)が終わりました。

帰りのSHRが終わると、寮生は顔をほころばせて教室を後にします。

この日は寮生が楽しみにしていた寮秋祭の日なのです。

夕方ごろ、第二グラウンドから食べ物の焼ける香ばしいにおいが学園のあちこちまで漂ってきておりました。

寮生も調理をやっております。 とてもおいしそうです。

 

 

こちらは中学一年生。高校生らが調理したお肉をおいしそうに頬張っております。 中学一年生は大勢で輪になってごはんを食べている姿が印象的でした。

寮で生活を共にしはじめて半年。少しずつですが「第二の家族」ともいうべき仲間との絆が強くなってきているようです。

 

そして、少し時間が経つと高校生による漫才が行われました。

 

 

 

プロ顔負けの完成度の高い漫才に、学園が笑顔に包まれます。

 

 

通学生と比べると、寮生は自由に遊べる時間が少ないですし、家族と離れるぶん寂しい思いをすることも多いのかもしれません。ですが、この寮秋祭ではかけがえのない仲間たちと笑いあう、素晴らしい時間を共にしておりました。