高2 学習合宿

7月31日(月)から8月5日(土)までの5泊6日で、

高校2年生の学習合宿が行われました。

男子は長崎あぐりの丘高原ホテル、女子は稲佐山観光ホテルで、

6日間で50時間以上もの学習をやり遂げました。

 

開講式では、代表生徒が合宿への意気込みを話しました。

 

男子の自習の様子です。整った環境で、集中して学習しています。

 

男子の食事の様子

 

校長先生が激励にかけつけてくださいました。

 

女子の食事の様子

 

閉講式で、諸泉教頭がお話をされました。

 

イートンカレッジサマースクール

8月1日(火)から14日(月)までの14日間、中学3年生と高校1年生を対象とした
イギリス、ロンドン郊外のイートンでの、イートンカレッジサマースクールが開催されました。

今年は、中学3年生22名と、高校1年生14名が参加しました。

前半はイートンに滞在し、英語の講義を受けるとともに、イングランド各地も見学しました。

後半はスコットランドのエジンバラに移動して、より深くイギリスの文化や歴史への理解を深めました。

 

出発前の様子。校長先生がお見送りに来てくださいました。

 

イートン校での記念写真

 

イートンでお世話をしてくれたスタッフの方々

 

サマースクールのはじまりです!

 

 

 

英語でプレゼンテーションをしています。

 

 

ハウス(寄宿舎)

 

午後は学校の外へ出て、様々なアクティビティをしました。

 

イートンカレッジ ジャファー・ギャラリー

 

イートンの食堂にて

 

 

大英博物館を闊歩する青雲生

 

ケンブリッジでは傘をさして船に乗りました。

 

奥に見えるのがストーンヘンジです。

 

イートンの隣町、ウィンザーにある、ウィンザー城にて。
眼下に広がるヨーロッパの街並みに、夢中でシャッターを切っています。

 

スコットランドの都、エジンバラへ移動します。

 

アーサー王の王座で、鬼ごっこをしたのはいい思い出です。

 

年に1度のお祭り、ミリタリータトゥーショーを見学できました。

世界各国の音楽や踊りのパフォーマンスに大興奮!

 

 

王室ヨット、ブリタニア号の見学

 

みんな懸命にガイドを聞いています。

 

帰国後の生徒たちが、みな目を輝かせて「楽しかったです!!」と言っていたのが印象的でした。

「リスニングはけっこうできたけど、話すのが…」「日本に帰ってから周りが日本語だらけなのが不思議な感じがしました」「英語は通じるけど、声が小さくて伝わらないんだと気付きました」など、生身の体験談に、本当によい経験をしてきのだなあと感じました。

授業で夏休みの思い出を書かせると、参加した生徒の多くが率先して英語で書いており、中には学習記録を英語で書き始めた生徒もいました。

英語の勉強にも一層身が入っており、これからの活躍が楽しみです!

 

 

 

 

 

首都圏研修

8月1日(火)から3日(木)の3日間、中学3年生と高校1年生を対象とした、首都圏研修が行われました。

中学3年生は29名、高校1年生は16名が参加し、日銀の貨幣博物館、国会議事堂、省庁、東大のオープンキャンパス、JAXAといった、国の中心となる機関を見学しました。

様々な分野で活躍する、青雲のOB・OGとの懇親会や講話が毎日行われ、

生徒たちにとってはとても有意義な時間となりました。

 

 

空港まで、校長先生がお見送りに来てくださいました。

 

リラックスしたムードで、楽しい研修となりました。

 

9回生で、参議院議員の古賀さんによる講話

 

 

気分は国会議員!

 

 

日銀貨幣博物館にて。11回生の西崎さん、27回生の水江さんによる講話。

 

1日目の夜は、東大に進学した先輩たちとの懇談会です。

 

 

 

 

11回生の志波さんによる講話

 

 

 

 

生徒たちは積極的にいろいろなことを質問し、おおいに盛り上がりました。

 

朝からモリモリ食べます。

 

東大オープンキャンパス

 

10回生、梅崎先生による中学3年生向けの講義

 

 

総務省にて、21回生の濱里さんによる講話

 

32回生の谷口さん、石田さんによる講話

 

国立天文台

 

JAXAにて、24回生の古賀さんによる講話

 

 

OBの先輩方に支えられて、この研修が成り立っています。

先輩方の熱い想いに触れて、生徒たちも決意を新たに東京を後にしました。

 

オープンスクール

7月16日(日)に本校オープンスクールが実施されました。

今年は1300名以上の方にお越しいただきました。

この場をお借りして御礼申し上げます。

本日は在校生に受付や誘導、青雲diaryのパネル作成やQ&Aコーナーなど、

様々な仕事を立派に果たしてもらい、

卒業生にもQ&Aスタッフとして協力してもらいました。

また、寮の見学にもたくさんの方にご参加いただき、

ありがとうございました。

当日の様子をお伝えいたします。

 

今日1日、誘導係として大活躍してくれた高校1年生

 

まず最初に、体育館で中学3年生が受付をし、

 

そのまま寮の食堂へご案内します

 

お昼ご飯は、寮生の大好きなカレーです

 

お昼を食べたら、高校2年生によるQ&Aコーナーや

 

 

 

青雲の春夏秋冬を中学2年生が紹介する”青雲diary”、

 

 

電子ペンなどICT機器を体験できるコーナーなどを

自由に「さるいて」いただきます

※「さるく」・・・長崎の方言で「まちをぶらぶら歩く」という意味

 

午後の全体会は、圧巻の書道パフォーマンスで幕を開けました

 

 

校長先生のお話

 

生徒会長のお話

 

在校生による学校紹介

 

今日のためにかけつけてくれた卒業生の紹介

 

全体会の後は、授業体験です。

 

 

 

 

もちろん、中学3年生向けの授業もあります

 

最後は、生徒・先生総出で、バスをお見送りしました

次は、先輩・後輩として、学校で再会できますように!

 

 

1学期終業式

7月15日(土)に終業式が行なわれました。

同時に表彰伝達式、スクールカウンセラー金原先生のお話と、

夏休み期間中の生活についての注意がありました。

 

体育部関連の表彰です。陸上、水泳、新体操の表彰がありました。

 

文化部関連の表彰です。囲碁、将棋、ディベート、中学漢検が表彰されました。

 

金原先生はご自身の在米時代の交友関係に触れ、

「人間関係は大切で、将来どんな形で今の周りの方と接するか分からないから、

今は誠実に人と接して欲しい」ということを伝えられました。

金原先生の、ユーモアに富み、緩急のついたお話には、

いつも皆、一瞬で引き込まれてしまいます。

 

「夏休み期間中の生活について」は書面にて配布しております。

ご家庭でも今一度ご確認をお願い致します。

夏休みは得意科目を伸ばし、不得意科目を克服する絶好の機会です。

有意義に過ごしてほしいと思います。

 

校長は訓話の中で、福岡・大分での大雨による土砂災害に触れ、

命の尊さを改めて自覚してほしいと話しました。

また、将棋の連勝記録更新で話題となった藤井四段のお母様の

「将棋だけではだめ、普段の仕草から大事」という言葉を伝え、

普段の生活を見直し、誰かのために率先して行える青雲生になってほしいと話しました。

薬物乱用防止教室

7月4日(火)7校時、薬物乱用防止教室が実施されました。

長崎県西彼保健所から荒木先生をお招きし、50分間の講話をしていただきました。

講話の後半では薬物に関する映像が流れましたが、

なかでも実際に薬物が注射されたラットの異常行動の映像からは、

薬物乱用の恐ろしさを垣間見ることができました。

近頃は、高校生が大麻を所持して逮捕されるという事件も起きています。

薬物の脅威はもはや他人事ではなく、身近なところに潜んでいるということです。

自分の未来を守るため、毅然とした態度で「ダメ。ゼッタイ。」

と言える勇気を持ちましょう。

高校3年生最後のクラスマッチ

7月12日(水)午後、高校3年生のクラスマッチが行われました。男子はソフトボール、バレーボール、卓球の3種目、女子はドッジボールをクラス対抗戦で競いました。高校3年生にとっては最後のクラスマッチであり、日頃受験勉強を頑張っている彼らにとって、楽しく身体を動かしながらクラスの親睦を深めることのできる時間となったようです。