イートンサマースクール2018

今年も7月24日(火)より3週間の日程で、英国を代表するパブリックスクールであるイートン校が主催するサマースクールが開かれています。本校からも中学三年生の希望者が参加しています。一行は7月23日(月)長崎空港を出発し、羽田空港を経由してロンドンヒースロー空港に到着、無事に目的地のウィンザー郊外にあるイートンカレッジに到着いたしました。参加者全員、元気でサマースクールでの活動を楽しんでいる様子が、写真で送られて参りました。以下にご紹介いたします。

 

長崎空港での出発式です。

 

 

ウェルカムミーティングの様子です。

 

最初の夕食です。(時差ボケで疲れ気味です。)

 

ハウス前での避難訓練の様子です。

 

アクティビティーの様子です。

 

イートンカレッジのキャンパス散策です。

 

テムズ川のほとりで(イートンとウィンザーを結ぶイートン橋を背にして)

 

男子グループの記念撮影

 

ウェルカムディナーを前に、サマースクールに参加した他校生との語らいの様子です。

 

 

ウェルカムディナーです。

 

イートン校のカレッジホールです。

 

食事は全員でとります。

 

ハンプトンコート宮殿の前にて。

 

女子も同じく記念撮影です。

 

 

 

ハンプトンコート宮殿の庭園散策をしています。

 

 

先日に引き続き、新しい写真を紹介します。今回は、ハリーポッターミュージアムの見学の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業風景です。

 

平成31年度(2019年度)入学試験日程のお知らせ

本校の平成31年度入学試験を次の通り実施いたします。

なお、募集要項はこのページ上方の「入学のご案内」よりご覧になれます。

 

 

中学校一般入試     :平成31年(2019年)  1月  5日(土)会場 ‥‥ 本校、福岡市、那覇市

高等学校一般入試   :平成31年(2019年)  1月  6日(日)会場 ‥‥ 本校、福岡市

高等学校特別専願入試:平成30年(2018年)12月23日(日)会場 ‥‥ 本校

平成30(2018)年度 入学式

午前中の始業式に続いて、午後から本年度の入学式が速見記念館にて行われました。

国歌斉唱の後、新入生を代表して高校1年生、中学1年生の代表が決意表明を述べ、

その後校長先生のお話、理事長先生のお話を頂きました。

さらに、中学1年、高校1年を担当される先生方の紹介があり、最後に皆で校歌を

斉唱して式は終了しました。

 

青雲中学校卒業式 第41回卒業式

長くて寒い冬がようやく終わりに近づき、

空気や目に映る景色に春の訪れを感じられるようになってきました。

3月17日(土)、風は強いけれども明るい空の下、青雲中学校の第41回卒業式が行われました。

 

 

3年前、あんなに小さかった子どもたちが、立派な姿で入場してきました。

 

 

井上さんが総代として、卒業証書を受け取ります。

 

校長先生からの式辞

 

育成会会長からの祝辞

 

橋口くんが、中学3年間の思い出や感謝と、高校生になるうえでの決意を述べました。

 

校歌斉唱

 

最後の一人まで、胸を張って堂々と退場していきました。

 

式の後は各ホームルームで、一人一人に卒業証書が手渡されました。

 

 

 

青雲学園での日々はまだまだ続きますが、無事に中学を卒業できて、

生徒も先生も保護者の方も、ホッとした顔を浮かべていました。

 

4月の高校入学に向けて、春休みにはしっかり英気を養い、

夢とやる気を胸いっぱいに、学校に出てきてほしいと思います!

三学期終業式

3月17日(土)午前9時より、体育館において三学期の終業式が行われました。

まず、今年度後半、部活動や対外的に多方面で活躍した本校生徒たちに、表彰が行われました。

 

その後、校長先生のお話、生徒指導部長の五貫先生のお話があり、今の学年での生活を締めくくり

新しい学年へ向かう生徒達へ、励ましと心構えを説いて頂きました。

 

最後に、今年度をもって青雲学園を離れられる7人の先生方の離任式が行われました。

先生方が青雲学園にもたらされた、とても大きな財産をこれからもずっと大切にして

我々はさらに成長していきたいと思っています。

先生方のご健康とご活躍をお祈り申し上げます。

 

青雲高校 第41回卒業式

2月22日(木)、まだ寒さを残しながらも、春の訪れを予感させるような穏やかな青空の下、

青雲高校第41回目の卒業式が行われました。

 

 

卒業生の入場です。体育大会の行進を彷彿とさせる立派な入場です。

 

 

担任の先生から1人ずつ呼名され、返事をして立ち上がります。

 

学年主任の小袋先生です。

 

卒業生を代表し、川口大智くんが卒業証書を受け取りました。

 

校長先生は、変化の激しいこれからの時代を、受け身ではなく、

積極的に考え、動いて、希望を持って生きてほしいと述べられました。

 

 

 

理事長は、個性という人間の強みを生かして、世界へ羽ばたいていってほしいと述べられました。

 

育成会会長の藤様からお祝辞をいただきました。

 

 

在校生代表で、高校2年生の品川くんが送辞を送りました。

様々な情報が溢れる現代こそ、自分の信念を持って生きていくことが

大切だと、先輩たちを激励しました。

卒業生総代の渡辺くんです。

 

青雲で多様な仲間たちとすごす中で得られた経験を、よりよい社会のために役立てたいと話しました。

 

 

 

 

保護者を代表して、野濱様からご挨拶をいただきました。

 

学園生活最後となる、校歌斉唱です。

 

卒業生たちはみな、胸を張って会場を後にしました。

 

卒業式の後は、各クラスで最後のホームルームが行われました。

 

一人ずつ前に立ち、最後の挨拶をしました。

 

なごやかな雰囲気の中、クラスメイトの話に涙し、笑顔がこぼれます。

 

「お母さん、6年間、青雲に通わせてくれてありがとう!」

 

生徒たちは、保護者の方への感謝の気持ちを真っ直ぐに伝えていました。

 

 

ずっとお世話になってきた先生に、素直に感謝の気持ちが伝えられる日でもあります。

 

 

 

クラスで、あらためて一人ずつ卒業証書が授与されました。

 

 

 

 

保護者の方へお礼のメッセージを、ビデオレターにして伝えたクラスもありました。

 

 

 

 

 

41回生の卒業にあたり、これまでお世話になったたくさんの方々に、

心よりお礼申し上げます。

 

まだ受験を控えている生徒がほとんどで、すぐには緊張は解けませんが、

仲間や先生、お父さん・お母さん方と心を1つにした今日という日は、

きっと生徒たちの背中を押してくれることでしょう。

 

 

 

 

科学の甲子園:全国大会出場決定!

11月18日(土)に長崎大学で行われました、第7回科学の甲子園都道府県大会におきまして、

本校の高校1年生チームが見事1位になり、長崎県代表として全国大会に出場することとなりました。

 

本校としては2年前に初出場で県代表になって以来、2回目の全国大会出場です。

高校2年生主体のチームが多い中、そのハンデをチームワークと工夫で乗り越えてくれました。

 

全国大会は、来年3月16~19日に、埼玉県で行われます。

昨年度は、本校の中学生チームが、科学の甲子園ジュニアの全国大会において、

長崎県代表として、実技競技第1位「東芝賞」を受賞しました。

 

続く快挙に、今後の活躍が期待されます!